メール全盛の昨今、手書きの便りをもらうのは嬉しいものだ。
ラヴレターなら、いっそうよろしい。
今時、肉筆の恋文をしたためる風流な人がいるかどうかわからないが。
友人や知人からの挨拶文でも、手書きはやはり暖かい。
印刷が多い年賀状も、一言手書きで書き添えてあるだけで、印象はかなり違うよな。

さて、先日、広島に暮らす息子からハガキが届いた。
なんと手書きである。
どういう風の吹き回しだろうと訝りつつも、なかなか良い心がけじゃないか、日頃の感謝を文にしたためる気になったのか、おまえも大人になったのぉ、と喜んだのも束の間。
そこにはこんな文面が、、。

『 ベンツも良いけど、マツダも良いで!! アクセラ乗りんさい。』

よく見ると、広島中央局料金後納郵便とある。
おい、息子よ、ノルマかい。


letter