2012年にアメリカで制作されたドキュメンタリー映画である。 ザ・ポリスのギタリストで、メンバー最年長で、バンドの要でもあったアンディ・サマーズの自伝を基に、未発表映像やライブシーン、インタビューなどを交えながら、バンドの誕生から解散、そして再結成までを追っている。 アンディの目を通したメンバー間の友情と確執が明らかにされているのが興味深い。 メンバー間の友情と確執は、有名無名を問わず、どこのバンドでもあるってことか。 時が経てば再結集もあり得るのだろうが、いつまでもこの世にはいないしな。 http://youtu.be/CRr9NSwK6MI