布団の中で目覚めて、何をする? 3秒後に起き上がる。 大きく伸びをする。 隣にいる誰かにキスをする。 今日の予定を立てる。 スマフォのメールチェック。 ヨガでいう猫のポーズをする。 ベッドに朝食を運んでもらう。(欧米か!←ふるっ) 本を読む。 リモコンでテレビをつけて観る。 日本の今後について考える。 二度寝する。 おれは、ここんとこ、読みかけの本を読むことが多い。 ベッド脇にあるスチールの本棚に取り付けてあるクリップライトを点ける。 眼鏡がなくても、まだいけるよ。 最近はエッセイづいてるんだが、こないだ読み終えた安部譲二の「裏も表もあるもんか。」に、興味深いことが書いてあった。 『ところで驚いたんだけどさ、例の竹内久美子先生がイギリスの学者の説を引用してたんだけども、チンポのカリがあるじゃない、アレ、どうしてあるかわかるかい? ふつうはポンプの中身と同じでさぁ、密着度というか気密性を高めるためと思うよな。ところがアレは、前の男の精液を汲み出すためにあるんだってさ。いや、今ふと思ったんだけど、凄くないかい、コレ。』 凄いです。