広島の音楽仲間たちが周防大島町で交流会を開くことになり、おれにも声をかけてくれたので、日帰りの予定で出かけた。
周防大島町は、山口県南東部に位置する町で、2004年10月1日に大島郡大島町・久賀町・橘町・東和町の4町が合併して誕生した新しい町である。
目的地は大島に渡って最遠端の岬にあり、益田から最短ルートをノンストップで走って約3時間の距離だ。
大島に行くのは初めてで、ちょっとした小旅行の気分だった。
あいにく天気は薄曇りで、日が暮れると雨になってしまったが。
交流会場は、メンバーの一人が勤めている会社の保養施設で、別荘地の建物としてよく見かける外観だった。
内装は木材をふんだんに使ったログハウス風。
もちろん電気はきており、水は少し高台にある建物までポンプで上げる。
セッションをやるというのでPA一式積んできていたのだが、搬入がけっこう手間だったな。
持参物を運び込んだあと軽く昼食をとり、ギターを弾いたり歌ったりする者、近くの港に釣りに行く者など、それぞれ思い思いに過ごした。
おれは珈琲カップ片手に、釣り組のいる漁港までぶらぶらと散歩した。
釣りの成果は上々だったようだね。
(写真には写っていないが、師匠のご指導の賜物だろう)
釣ったばかりの魚は、夕食の食卓に刺身や焼き魚などになって並んだ。
食卓には、料理の得意なメンバーが主導して調理する無水鍋料理がてんこ盛りだったよ。
一つの鍋で次々と手際よく作っていく。
義務じゃなくてクッキングを楽しむ人の作る料理は、その楽しさという旨味が含まれている分、やはり一味違うわいな。
夕食のあとは、セッションをやったりテラスで語らったりして過ごした。
夜中に母を一人にできない状況故に、広島にライヴに出かけるときのように午前様になっても帰宅するつもりだったが、今夜はタイミングよく息子1号が帰省することがわかったので、着の身着の儘で一泊することにした。
セッションは、シンガー三人が交代で歌ったり、眠りながらギターを弾く秘伝(ヒデ「ヤ」ンとも言う)の技を見せてもらったりと、ゆったりとエンジョイしたよ。
メンバーの一人、ケイゴくんと初めていろいろ話したんだが、彼がふだん歌っているジャンルの音楽に対する愛情と造詣を知ることができて、よかった。
人はじっくり話してみないと解らないこともある。
人を知るのは面白い。
それが、おれの基本的対人スタンスだな。
そして、たとえば音楽に対しても人間に対しても、愛情を注ぐ人が好きだなと改めて思った。
今回の仕掛け人であるシンくんや、ご一緒できた仲間たちに感謝します。


ooshima01

ooshima02

ooshima03

ooshima04

ooshima05

ooshima06

ooshima07

ooshima08

ooshima09

ooshima10

ooshima11

ooshima12

ooshima13

ooshima14

ooshima15

ooshima16

ooshima17

ooshima18

ooshima19

ooshima20

ooshima21

ooshima22

ooshima23

ooshima24

ooshima25

ooshima26

ooshima27