zz


1) I Shall Be Released

http://youtu.be/NM4ywRRC970
まずは1曲目から。
Bob Dylanの名曲I Shall be Releasedです。
ZZ.Ridersの特色の一つであるツインリードヴォーカルのハーモニーをお聴きくだされ。


2) Need Your Love So Bad

http://youtu.be/JG7AHcxw_5I
続いて2曲目。
1955年にMertis John Jr.によって書かれたブルースナンバーです。


3) Light of Day

http://youtu.be/xH1sU52Vv5w
3曲目は、Bruce Springsteenによるイカしたロックナンバーです。
映画「愛と栄光の日々 ライト・オブ・デイ」の中で、ジョーン・ジェットとマイケル・J・フォックスによって歌われてましたね。


4) Honky Tonk Women

http://youtu.be/8iK5nv96niA
4曲目。
ロック好きなら知らない奴はいない(はず)!
ローリング・ストーンズの、この曲です。


5) Can’t Help Falling In Love

http://youtu.be/UMbHmE9Gc2I
5曲目は、エルヴィス・プレスリー、コリー・ハート、UB40などでおなじみのスローナンバー。
「愛さずにはいられない」という邦題が付いてましたが、「きみと出会ってしまったから、恋に落ちずにいられるわけがない」というタイトルの方が似合わないか?(長いけどw)


6) Stop Dragging My Heart Around

http://youtu.be/TTqUZQGB36s
6曲目。
トモ・ペティならぬトム・ペティの書いたデュエット曲で、トムはスティーヴィー・ニックスとデュオってます。
おれはナンシーwことナオミちんと。
6曲目以降は、事情あって途中で会場をあとにされたあの方にも、聴いていただきたく候。


7) The Weight

http://youtu.be/_9arXcDgI60
7曲目=ラストナンバー。
The Bandの名曲「重荷」です。
映画「ラストワルツ」の1シーンが蘇りますな。
音楽仲間の「風流」が飛び入りで歌ってくれました。
Thanks a lot !


8) 司会者に転身したtomoによるセッションメンバーの紹介

http://youtu.be/b_YOuDorCpE


9) I’d Rather Go Blind

http://youtu.be/i2Ud6YJHZto
セッションの1曲目は、Ellington Jordanが書いたブルースナンバーで、1968年にEtta Jamesによって初めてリリースされました。
以後、いろんなミュージシャンにカヴァーされています。
おれは、The Faces時代のRod Stewartのヴァージョンが好みっす。
今回のセッションでは、ZZ.Ridersのナオミちんが歌っております。


10) Mustang Sally

http://youtu.be/JIGCzV5Ny-k
セッション2曲目かつAmerican Rock Night Vol.3のフィナーレ。
1965年にMack Riceが書いてレコーディングしたR&B songです。
Wilson Pickettなど、多くのミュージシャンによってカヴァーされています。
映画『ザ・コミットメンツ』の中でも聴くことができますよ。
似てる似とると言われている犬丸こーちゃんと仲良くデュエット♪