old tomo blog

書く 歌う 結ぶ

イエスのクリス・スクワイア、ベーシスト必聴トラックを厳選したプレイリストを公開(コメント付)

I hope this all makes interesting and inspiring listening & viewing for those who are playing or learning to play the bass.
All the best, Chris Squire

■ The Beatles – All My Loving
One of my first biggest influences was Paul McCartney. The walking bass line on ‘All My Loving’ was one of the first things I learned to play.

http://youtu.be/gWvurnpKjE4

■ The Beatles – Come Together
The other big Beatles riff I love is the blues-based intro of ‘Come Together’ which I have modified and worked into some of my own work.

http://youtu.be/cAmn4eMusZk

■ The Rolling Stones – I Wanna Be Your Man
I’ll never forget how impressed I was the first time I heard Bill Wyman’s bass line on The Stones’ hit ‘I Wanna Be Your Man’ – the very essence of R&B.

http://youtu.be/DJCkbbMnEPg

■ The Who – My Generation
R&B was prevalent in the London clubs as I was growing up. I used to go to The Marquee Club to watch The Who, who labelled themselves as ‘Maximum R&B’.

http://youtu.be/gJecJ5SI5W0

■ Who – Happy Jack
I was a died-in-the-wool Who fan from the age of fifteen and had many enjoyable hours watching Pete Townsend and listening to John Entwistle’s bass.

http://youtu.be/Ls8t1AcXN_o

■ The Graham Bond Organization – Hoochie Coochie Man
At The Marquee Club I saw The Graham Bond Organisation: Bond – Hammond, Dick Heckstall-Smith – sax, Ginger Baker – drums & Jack Bruce – bass & vocals.

http://youtu.be/c56a_Jd5aPI

■ Cream – Crossroads
Of course Jack Bruce & Ginger Baker went on to form Cream with Eric Clapton where you can hear many examples of Jack’s talented bass playing.

http://youtu.be/becWr0vc6cA

■ The Police – Spirits In The Material World
I always loved the way The Police combined rock with reggae. A great example of this is Sting’s bass part on ‘Spirits In The Material World’.

http://youtu.be/BHOevX4DlGk

■ JAMES JAMERSON
Funk Brother James Jamerson played on more Number 1 Hits (mainly for Motown records) than anyone else who ever lived. The list of tunes is astounding.

http://youtu.be/jEs0H5Q935g

■ Red Hot Chili Peppers Higher Ground
A couple of guys that I’d like to mention who are younger than myself are Flea from Red Hot Chili Peppers and Tony Kanal of No Doubt.

http://youtu.be/686A5yPMWrs

■ No Doubt – It’s My Life
I recently found out that Tony Kanal of No Doubt grew up where I grew up, in the northwest suburb of London, Kingsbury. He’s fantastic live.

http://youtu.be/VNI8FBWUnSs


Chris

Yes – Roundabout (LIVE)

http://youtu.be/WHvqScJt7eI

Previous

3曲ライヴ Final 無事終了

Next

3曲ライヴ Final : Lucy In The Sky With Diamonds

2 Comments

  1. F-nie

    いやー、さすがクリス・スクワイアです。ベース的に興味深い動画ばかりですね。

    ■ Who – Happy Jack
    John Entwistleが弾いているベースは66年製のFenderのプレベで、ボディー周囲が面取りされていない通称“スラブ(平面)ボディー”で、イギリス向けのみに作られたものです。
    この当時(1960年代後半)にJohnはすでに指板上で弦を叩く“タッピング”プレイをしているのは驚きです。

    ■ The Graham Bond Organization – Hoochie Coochie Man
    ギターかな?と思われるのですが、ベーシストが弾いているのはFenderの6弦ベースのBass Ⅵです。
    普通のベースの1オクターブ上のチューニングとなります。

    ■ Cream – Crossroads
    Jack Bruceはストラトのツマミを付けたトレードマークのGibson 62EB-3を弾いています。
    ブリッジ上のボディーに腕を付けて、右手の指はどこにも固定せずに弦を激しく掻き上げています。

    ■ The Police – Spirits In The Material World
    Stingが動き過ぎで良く分からないのですが、フレットが見えないので70年初頭のFenderのフレットレス・プレべと思います。

    ■ JAMES JAMERSON
    息子の James Jamerson Jr.が語っているのですが、 James Jamersonは右手の人差し指1本のみでプレイしています。
    この1フィンガーでのプレイは良く知れた事なのですが、私は彼が人差し指で弦を弾く際に親指で弦ミュートをしているのを見逃しません。
    彼の弾く62プレべは彼が亡くなる5日前に盗難にあったままで現在も行方不明です。
    私が思うに闇の市場で超高額で売買されているのでは・・・?
    なにせモータウンの数々の名曲がこのベース“通称The Funk Machine”でレコーディングされていますので。

    ■ Yes – Roundabout (LIVE)
    高校時代Yesというかクリス・・スクワイアを聞き過ぎて、ベースというのはガリガリに弾くべしと思い込んで、この“マインド・コントロール”から抜け出すのにウン十年掛かった私です(汗)
    小さなピックを使っているので、爪もピックと共に弦を弾いているのが、単にガリガリだけでない人間味溢れたクリス・スクワイアの音になっている要因と思います。

  2. tomo

    F-nie
    詳しい解説、ありがとさん。
    さすがとしか言いようのない、ベースへの愛と博識に満ちた解説です。
    そろそろ、「ベース本」の執筆を真剣に考える時期にきたで(笑)

Comments are closed.

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén