old tomo blog

書く 歌う 結ぶ

リーバイス 501

Levi’s 501 が誕生して、今年で140周年になるそうだ。
「衣料品のポケットの補強にリベットを使用する方法に関する特許」を取得したのが1873年5月20日なので、そこから起算してということらしい。

記念サイトができていた。
140 Years of the 501


http://youtu.be/ekQOTvDYk00

お察しのように、おれもリーバイス 501ジーンズを愛用している。
数年前に、501-0000 オリジナル ボタンフライ ストレート リジッドというのを買ったんだが、もうすっかり体に馴染んだので、新しいのを買おうと思い立った。
リジッドは「シュリンク・トゥ・フィット」という洗って縮めて体にフィットさせる未洗いの生デニムのこと。
新品を洗っていくと、縦も横も縮むのだ。
だから、縮みを計算してサイズを選ぶ必要がある。
脚の長さにはバリエーションがあるから、カットして履くなんてことにはならない。
切ると、シルエットが損なわれる。
前回はW31-L33だったが、今回はW32-L33にした。
(いうまでもなく、縮む前のサイズだよ)
ウェストがジャストフィットなんで、満腹になると少々苦しいし。
歳相応に腹が出てきたってことかw
ジーンズにも個体差があるだろうから、洗ってみないとベストサイズかどうかは、わからないけどな。
今日、発注したので、到着が楽しみである。
みなさんは、どんなジーンズを履いてますか?

現在愛用中のLevi’s 501

501_1

501_2

501_3

501_4


新品のLevi’s 501

501

Previous

福島第一原発 使用済み核燃料棒保管プール問題

Next

BBC News : 福島第一原発 放射能汚染水漏出

2 Comments

  1. 敬礼マン

    新品はボタンフライではなくジッパー?
    僕もジーンズ好きなんですけど最近買ってないなー。
    いつかは、メイドイン岡山のオーダーメイドが夢ですね~。
    しかし、お腹がチョット?

  2. tomo

    ケ、ケーレイ!
    501はボタンのみだよ。
    スリムになって、ジーパンマンに、ぜひ。

Comments are closed.

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén