senkyo

音楽仲間の”よつこ”が紹介してた新聞記事を転載してみる。
与党になると、どの政党もだらしがない。
でも、どこがなっても同じだなんて言ったって始まらないぞ。
割を食うのは庶民やしな。
おれたちの最大の武器は投票権だと思う。
そのカードをちらつかせて、政治家に圧力を加えるのがスマートなやり方だろう。
奴らも落選すれば、それまでだしな。
小規模なデモも、やらないよりはいいが、やるなら何千万人規模でないと有効じゃないね。
そんなわけで、みんな投票に行こうぜ。
誰かが言ってたが、政策は投票する者が多い世代に対して優遇的なんだ。
若い世代の投票率が老人世代より高ければ、若者向けの政策が多くなるのは道理だな。
おれは若い世代に属してないが、若者が大勢投票して、彼らが優遇されるのは全然かまわんよ。
前途ある世代が疲弊していて、どうしてジジババたちが大切に思われるだろうか。
見返りを期待せずに、まずは与えよだな。
愛と同じだ。

復興予算 デタラメ流用1兆円超
(日刊ゲンダイ 2013年6月29日)

<大震災復興のためと称して増税された所得税、住民税が官僚とヤクザに山分けされている>

復興予算の流用がまた発覚した。今度は電力会社の優遇策に消えていた。28日付の朝日新聞がスッパ抜いたもので、原発停止による負担増の穴埋め策として、約100億円の復興予算を「基金」にプール。電力会社が原発の代わりに火力発電所を稼働させる際、基金が新たな借り入れの利子分を肩代わりしていた。

被災者を救うはずの税金を被災地をズタズタにした電力会社のために流用するとは、デタラメの極み。原発事故の避難住民だけじゃなく、全国の納税者もこれを許していたらダメだ。

復興予算の大半は臨時増税で賄われる。今年1月から25年間もの長い間、所得税に税額の2.1%分が上乗せされ、さらに来年6月から10年間は住民税にも年1000円が加えられる。震災復興のためと称して搾取されたカネを、こんな使い方をされたら腹の虫が治まらない。

だいたい、政府は昨年秋に復興予算を「被災地以外では使わない」と決めたばかりだ。自民党も野党時代には、沖縄の国道整備や反捕鯨団体の対策費などへの流用を批判していた。

政権交代後に安倍政権は「5年で19兆円」という復興予算の枠を取り払って24兆円まで拡大。根本復興相は「厳しく精査を行っている」と語ったが、その後も新たな流用はゾロゾロ。復興予算のうち実に1兆1570億円が天下り法人や自治体が管理する「基金」に配られ、被災地以外で野放図に使われていた。

「特にヒドイのが、被災地以外の38都道府県の基金に渡った『震災等緊急雇用対応事業』です。被災地向けの『緊急雇用』のはずが、雇われた被災者は全体の3%。仕事の中身もゆるキャラやご当地アイドルのPR活動に、ウミガメを数える監視など、復興と無縁のものばかり。こんなインチキ事業に約1085億円の復興予算が使われたのです」(野党関係者)

安倍政権はこの問題で5月に参院決算委から警告決議を突きつけられた。慌てて基金を運営する自治体や公益法人に、予算の執行停止と国庫への返還を指示したが、すでに手遅れ。大半はすっかり使い切られ、わずかに残った金も「業者と契約済み」などと返還を渋られた。

結局、戻ったのは1000億円ちょっとで、1兆円を超える復興予算がウヤムヤに消えてしまった。

「なぜ流用がまかり通るのか。実態を明るみに出し、原因を徹底究明するのが納税者への務めです。なのに安倍政権は今も流用実態にフタをし、ロクに調査も指示していません。これでは流用を後押しするようなもの。ただでさえ、基金に税金をプールされると、毎年の決算を免れ、チェックが届きにくい。今後もひそかに流用される恐れは強いのです。ここまでチェックが甘いと、目ざとい連中がかぎつけ、基金に巣くいかねません。過去にも暴力団が基金を資金源として悪用した事件は多数あります」
(流用問題を追及するジャーナリストの福場ひとみ氏)

被災地のための血税を官僚とヤクザが山分けなんて冗談じゃない。安倍は福島で参院選の第一声に臨む意向だが、「どのツラ下げて」と思えてくる。