tomo blog

書く 歌う 結ぶ

Month: 7月 2013 (Page 1 of 3)

ふーちゃんのネットショップ

fu netshop

益田市でアートなスイーツを製作販売している「ふーちゃん」が、友人たちの協力でネットショップをオープンしました。
彼女は、毎週水曜日に「にちにち食堂」で、毎週土曜日にグラントワにあるミュージアムショップ「コンアモール」で、スイーツを販売しています。
(コンアモールのは、その時々の展示美術に触発されたスイーツで、売り切れるまで置いてあるとのこと)
あとは不定期に行われる各種イベントにも参加しているようです。

おれも何か協力できればと思い、オープン祝いに、ふーちゃん作品を鑑賞できるサイトを作りました。
カタログとしても利用できまする。
(ほぼ毎週、新作掲載予定)
レスポンシブなWORDPRESSテーマを使っています。
できればPCかスマホでご覧くだされ。

ふーちゃんの新しい挑戦に、ご声援よろしく。

ネットショップ
アートスイーツ★Fu

カタログサイト
the work of Fu

有線と無線

島根県と山口県を襲った豪雨は、一部の地区に大きな災害をもたらした。
おれの住んでいる益田市では、堤防の決壊はなんとか免れたが、危険水位にまで達していた。
ほとんどの人が昭和58年の水害のことを思い出して、不安に感じたことだろう。
山口県萩市須佐町や島根県津和野町など、被害に遭った地域の早い復興を願います。

おれのインターネット環境は、地元ケーブルテレビのインターネットサービスを利用して構築しているのだが、その会社の本社は萩市にあり、この度の水害で萩市から引いている光ケーブルが断線してしまった。
その影響で、つい先程までネット難民になっておりました。
断線はわりあいすぐに復旧したものの、IPアドレスを取得するためにモデムの電源を手動でオンオフするという作業が各人に求められ、一日に何度も試したわけだが、なかなかネットにつながらなかった。
ネット環境は、なきゃないで云々というけれど、やはり無いと不便だなと実感した。
おれはスマートフォンを持たないので、ガラケーだけでネットを利用するのは無理がある。
そして、災害時には有線より無線の方がリスクは少ないなと思った。
もちろん基地局がダメージを受けたらあかんけど。
PCが衛星からの無線で使えるといいのだが、そういうサービスは無かったかな。

1本でも2ンジン、1弦でも6ック♪

brushy-one-string

Brushy One String – Chicken in The Corn

http://youtu.be/E8H-67ILaqc

Brushy One String – Destiny

http://youtu.be/FP2FIXCZ_1s

やりたい放題やな

政府 特区で雇用規制緩和検討 残業・解雇柔軟に
日本経済新聞電子版 2013/7/26

政府は残業や解雇などの雇用条件を(雇い主が)柔軟に設定できる規制緩和を、地域限定で検討する。
安倍晋三首相の主導で決める国家戦略特区を活用し、成長産業への労働移動など人材の流動化を進め、日本経済の活力を高める。
参院選前は世論の反発を招きかねない労働改革に踏み込まなかったが、特区に絞って抜本的に規制を改革する。
国家戦略特区は地域を限って大胆な規制緩和や税制優遇に踏み切る仕組み。


これって、政府主導でブラック企業を育成するようなもんじゃないの?
特区で成果が上がれば、何だかんだ理由をつけて地域限定から全国的展開にする魂胆だろう。
労働者は、ますます搾取されるな。
特に若い世代の疲弊が顕著になると思う。
彼らを大切にしなければ、少子化がますます進む。
そして、その結果は言うまでもないろう。
羊が被っていた皮を投げ捨てるときがきたのか、それともやはり羊のままなのか。

氏神詣り

離郷する妹を空港に送っていったら、便に遅れがでていた。
時間つぶしに海を見に行ったんだが、ふと思いついて、生誕地にある氏神詣りをすることにした。
新年には必ず詣でるものの、夏にはあまり行くこともない。
社は小高い山の中にあり、その土地の人でも日常的に参拝することはなさそうだ。
蝉の声とヤブ蚊の歓迎を受けながら、氏神さんにご挨拶。
拝殿の近くに苔むした石碑が建っていたので、刻んである字を読んでみた。
すると、お宮の惣代兼世話人として、同一姓の名前が二つあった。
おそらく一人は、おれの曽祖父だと思われる。
どんな人物だったんやろと思いつつ、自分に流れている血というものを実感したことだった。

nakatama1

nakatama4

nakatama3

英語のヒアリングをしてみませんか?

教材はこれなど、いかが?
BBCの最新ニュース。

Fukushima plant water leak causes concern in Japan

http://youtu.be/LJSaX2UNoVk

日本のマスメディアでは報じられているのだろうか。
海外のメディアからは「報道規制されてるのか?」という声が上がっているという。
言うまでもなく、海は世界につながっている。

「日刊ゲンダイ 2013.7.24」
fukushima plant

地産地消のススメ

NHK News Watch 9 で日本の農業についての特集があり、農民 ・作家の山下惣一(やましたそういち)さんがインタヴューを受けていた。
その中で印象に残った言葉を記してみる。

強い農業が生き残るんじゃない。
生き残った農業が強いんだ。
ワールドワイドにみて、日本が唯一優れている点がある。
それは、生産地と消費地が近いこと。
地元で作った農産物を地元で消費するメリットは、新鮮なものが食べられること、そして流通コストがかからないことだ。


いつ輸入が止まるかわからない、作った人の顔が見えない、どんな方法で作っているのかわからない、そんな外国産の農産物を、ただ安いからという理由で消費しているリスクは計り知れないと思う。
賢い食習慣を身につけながら、日本各地で地産地消が成り立てば、消費者にとっても生産者にとっても得るものは大きいんじゃないかな。
ただ、東京などの大都会でも、地産地消は可能だろうか?

地産地消(ちさんちしょう)
その地域で作られた農産物・水産物を、その地域で消費すること。また、その考え方や運動。輸送費用を抑え、フードマイレージ削減や、地域の食材・食文化への理解促進(食育)、地域経済活性化、食料自給率のアップなどにつながるものと期待されている。

さっそく始まったな

【共同通信】2013/07/23 より転載

安倍政権、武器輸出に新指針検討 禁輸三原則「撤廃」も

安倍政権は22日、武器禁輸政策の抜本見直しに向けた議論を8月から本格化させる方針を固めた。新たな指針の策定により、従来の武器輸出三原則を事実上「撤廃」することも視野に入れている。安倍晋三首相は撤廃に前向きという。政府筋が明らかにした。

防衛省は26日にも公表する新防衛大綱の中間報告に新指針の策定方針を盛り込む方向だ。冷戦下で共産圏への技術流出を防ぐ目的の三原則が、武器の国際共同開発が主流の現状にそぐわないとの判断からで、野田民主党政権が進めた禁輸緩和をさらに徹底する。国内防衛産業を育成する狙いもある。

参院選の日に

投票を終えたあと、東に車を走らせ、出雲に向かった。
大遷宮を終えたばかりの出雲大社に久々の参拝である。

本殿の前に、天皇陛下からの御下賜金と各皇室からの神饌料を賜った旨の立て札が立っていたのだが、そこには秋篠宮を含む六宮の名前はあったものの、東宮(皇太子)の名前は無かった。
これは出雲大社に限ったことではないという。

sinsenryo

皇室の将来のこと、一つの結果が出て回り始めた政治の歯車のことなど、無関心でいれても無関係ではいられない状況がさらに深まったように思う。
先の短い者は先の長い者に対して、これまで生きて来たなりに会得したいくばくかの知恵を伝えていく義務があるだろう。
何のために?
生き抜いていくために、そしてできるだけ幸福を感じれる日々であるように。

本殿
CIMG4410

本殿と、はためく国旗
CIMG4417

オオクニヌシの父であるスサノオを祀った、ソガノ社
CIMG4422

本殿を背面から望む
CIMG4423

本殿の真裏と、my sis Kumi’s back shot
CIMG4424

本殿の真裏
CIMG4426

境内遠景
CIMG4430

おみくじの成る木
CIMG4432

拝殿の屋根
CIMG4433

何かを運ぶ巫女さん
CIMG4434

日本国憲法第9条も世界遺産に

sekaiisan

参院選が近づいており、ネット上でも各候補が政策の主張を展開している。
全候補のをチェックしたわけではないが、目にした中でいいなと思った政策に、緑の党に推薦を受けて立候補している三宅洋平氏の「憲法9条を世界遺産に」というのがある。
同様な政策を掲げている人もいるのかもしれないが。

みんな知ってるように日本国憲法九条は、憲法第9条第1項の内容である「戦争の放棄」、憲法第9条第2項前段の内容である「戦力の不保持」、憲法第9条第2項後段の内容である「交戦権の否認」の3つの規範的要素から構成されている。
解釈を巡っては様々な意見があり、それを知っておくことも大切だと思う。

思うに、世界中が戦禍に巻き込まれたとき、この憲法が、この憲法を保持している日本という国が、希望の象徴となるんじゃないだろうか。
日本国憲法が定められて以来、とにもかくにもそれを維持してきたことに、日本国民は誇りを持っていいと思う。
連合国から押しつけられたものだ云々と言う人もいるが、内容が伴っていればノープロブレムじゃないの?
ありがたく使わせてもらうよ、というくらいのしなやかな矜持はほしいところだ。
天皇制保持への批判をかわすために第9条を盛り込んだという見解があるのも知っている。
しかし、それが幸運なことだったとは言えないか?

綺麗事だけでは済まないというのも一理あると思うが、一点の綺麗事も無くなった世界を想像してみるといい。
そんな世界に、あなたは、あなたの家族や友人と共に暮らしたいと思いますか?

日本国憲法第9条が世界遺産に指定されたら、あるいは指定されるような世界の有様だったら、ええね。

なお、日本国憲法を読んでみたい方は、小学館『日本国憲法』(軽装版)が、セブン-イレブンと書店で発売されてるよ。
本体500円です。

Page 1 of 3

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén