old tomo blog

書く 歌う 結ぶ

庭の花 ハマナス

ハマナス(学名 : Rosa rugosa)は、バラ科バラ属の落葉低木で、春から夏にかけて香りの強い紅色の五弁花を開く。
根皮から黄色の染料がとれ、花はお茶などに、果実はローズヒップとして食用になる。
ハマナスの名は、浜(海岸の砂地)に生え、果実がナシに似た形をしていることからハマナシという名が付けられ、それが訛ったものということだ。

hamanasu01

hamanasu02

hamanasu03

Previous

Creme Fraiche Live at にちにち食堂

Next

ZZ.Riders Live at にちにち食堂

2 Comments

  1. ばんび

    わあ、きれいなピンク色のハマナス。
    初めてまともに「ハマナス」を見ました。
    きれいだな。きれいだな。きれいな写真。癒されるな。
    バラ科なんだな。
    どんな香りかな。
    海岸の砂地に行ったら見れるのかな。
    海、長いこと見てないな。
    海とハマナス、両方、いいな。見たいな。

  2. tomo

    ばんびさん
    海とハマナス、素敵な情景ですね。
    今では浜に自生する野生のものは少なくなり、園芸用に品種改良されたものが育てられているようです。

Comments are closed.

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén