old tomo blog

書く 歌う 結ぶ

Date: 2013-05-15

庭の花たち

庭に花が咲くと、おっかさんから声がかかる。
あれは何何いう花だと教えてくれる。
そして撮影しろと。
遠方にいる娘たちに見せたいらしい。
撮ったものをブログに載せとくと、見てくれるじゃろう。

◆2013年4月27日撮影

20130427flower01

20130427flower02

20130427flower03

20130427flower04

20130427flower05

20130427flower06


◆2013年5月14日撮影

20130514flower01

20130514flower02

20130514flower03

20130514flower04

20130514flower05

20130514flower06

20130514flower07

Space Oddity 2

earth and moon

昨年の9月27日に投稿した記事「Space Oddity」に、Yoshiyaさんという方からコメントをいただいた。
David Bowieが歌う「Space Oddity」を聴いたYoshiyaさんが、歌詞の意味をネットで探していて、このブログにたどり着いたとのこと。
コメント中に、国際宇宙センターから貴重で興味深い様々な実験動画をYouTubeに投稿している事で有名な本物の宇宙飛行士Chris Hadfieldさんもこの曲を歌っていると書かれてあったので、さっそく視聴してみた。
絶望的な状況で眺める青い母星の美しさを想像してみよう。


http://youtu.be/KaOC9danxNo

「地上基地管制官より、トム少佐へ」
「地上基地管制官より、トム少佐へ」
「プロティンピルを飲み、ヘルメットを装着せよ」

「地上基地管制官より、トム少佐へ」
「カウントダウンを開始し、エンジンを点火する」
「点火装置確認。神の御加護があらんことを」

「こちら地上基地、トム少佐へ」
「打ち上げは成功した」
「新聞は、少佐の着ているシャツのことまで知りたがるよ」
「さあ、勇気を出して船外に出るときがきた」

「こちらトム少佐、地上基地へ」
「今、ドアから船外に出た」
「そして、えも言われぬ感覚で浮遊している」
「星々は、地上で見るのとは全く違っている」

私は今、宇宙船に腰掛けている
住み慣れた地上の遙か上空で
地球は青く、私はただただ見つめているのみ

「すでに100000マイルもの距離を飛行したはずだが」
「ずっと静止しているような気がする」
「機体は正しい軌道上にある」
「妻に、愛していると伝えてほしい。もちろん彼女はわかっているが」

「地上基地管制官より、トム少佐へ」
「回路が切れた!トラブル発生」
「聞こえるか?トム少佐」
「聞こえるか?トム少佐」
「聞こえるか?トム少佐」
「聞こえ、、、」

私は今、機体の周囲を漂っている
月面の遙か上空で
地球は青く、私はただただ見つめているのみ

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén