old tomo blog

書く 歌う 結ぶ

Month: 3月 2013 (Page 2 of 3)

小沢一郎さん、珍しくまともなこと言うてはる

ozawa

「日々担々」資料ブログさんより転載させていただきます。

——————–
安倍総理のTPP交渉への参加表明を受けて
平成25年3月15日
生活の党代表 小沢一郎

 本日、安倍晋三首相が環太平洋経済連携協定(TPP)交渉への参加表明を行った。生活の党はかねてより、TPPが単なる自由貿易協定ではなく、日本国民の命と暮らしを脅かし、社会の仕組みの改変を迫る異質な協定であることから強く反対してきた。しかし自公政権が日本の国益を守るより、米国の言いなりになり、TPP交渉に参加表明したことは、国家百年の大計にもとる重大な誤りであり、即時撤回を強く求める。
 世界やアジア各国の成長を日本に取り込むために自由貿易を促進し関税や非関税障壁を撤廃し、人、モノ、金、サービスを自由に行き来させることによって、新たな可能性が広がることは事実である。しかしTPPは、農業生産者が指摘するように、「単なる農業分野の関税引き下げ問題ではない。米国主導であらゆる規制の緩和、ルール改正を同時並行で進め、国民の命と暮らしよりも大企業の利益を最優先する。食の安全・安心、医療、外国企業からの訴訟など多くの問題を抱えている」など、国民の生命と財産を守るための協定では全くないのである。
 加えて、今参加表明しても、先般シンガポールで開催されたTPP準備会合で明らかになったように、米国側は各国交渉者に「日本が交渉に参加した場合、すでに確定した内容について再交渉も文言修正も認めない上、新たな提案もさせない」と伝えている。この交渉実態を見れば、安倍首相の「TPP交渉は聖域なき関税撤廃が前提ではない」との主張が全くの欺瞞であることが分かる。自民党の衆院選公約である6項目は到底守られず、公約破りは明白である。
 米国の市民団体もTPPの草案文書を基にして「TPPは表向きは貿易協定だが、完全な企業による世界統治だ」と告発している。国民の生命、財産を守ることが国政を託された国会議員の最大の使命であり責務である。自公政権は今すぐ、TPP交渉への参加表明を撤回すべきである。
 今、日本政府が最優先すべきは、命、暮らし、地域を守るために震災復興、被災地域再生、原発事故の早期収束、原発ゼロへのエネルギー政策の大転換である。生活の党は引き続き、日本政府のTPP交渉参加阻止に向け、各界各層と連携し闘っていく。

これは読んどいたほうがええよ

tpp

「日々担々」資料ブログさんより転載させていただきます。

——————–
日刊ゲンダイ 2013/3/18
(TPPの恐ろしさについて比較的わかりやすくまとめられています)

 いったい、いつまで茶番をつづけるつもりなのか。「参加は国家百年の計だ」――とTPP交渉参加を表明した安倍首相は、国民が反対しようが、国益が損なわれようが、TPPに参加するつもりだ。なにしろ、昨年末、総理に返り咲いた時からTPP参加を決めていたというのだから確信犯である。
 ところが、いまだに自民党は「聖域が確保できなければ交渉からの脱退もあり得る」「各国とも聖域はある」「交渉次第だ」などと、まるで国益が損なわれると分かった時には、参加しないかのように喧伝(けんでん)しているのだから、国民騙(だま)しの茶番もいいところだ。
 いったん交渉に参加したら、脱退できるわけがない。自民党が口にしていることは嘘ばかりだ。

「政府自民党は、あたかも交渉によって聖域を守れるとか、日本もルール作りに関与できるかのような幻想をふりまいていますが、何を根拠にしているのでしょうか。TPPはあらゆる品目の関税撤廃が原則ですよ。日本はルール作りにも関与できないと思う。遅れて交渉に参加したカナダやメキシコは、すでに決まっているルールの丸のみを約束させられた。もっと遅れて参加する日本が、ルール作りに関与できるとは思えない。だいたい、安倍首相は〈状況の進展に応じて国民へ情報を提供していく〉と会見で約束したが、TPPは秘密交渉です。途中経過を国民に明らかにできるはずがありません」
(法大教授・五十嵐仁氏/政治学)

 このままTPPに参加したら、いったいどうなるのか。得をするのはアメリカだけだ。日本は壊滅的な大打撃を受けることになる。
 アメリカが執拗に日本に参加を迫っているのは、すべてアメリカの「国益」のため。オバマ大統領も「貿易や雇用に多大な恩恵をもたらす」とハッキリと明言している。
アメリカは「国益」にならないことは、やらない国だ。

「アメリカの狙いは、日本の市場です。農業や金融、保険、医療といったアメリカが強い分野を徹底的に開放させるつもりでしょう。TPPは〈2015年までに農産物、工業製品、サービスなどすべての商品について、例外なしに関税その他の貿易障壁を撤廃する〉ことを目標にしている。恐ろしいのは“サービス”の中に金融や法律、医療、労働、公共事業など、あらゆるモノが含まれていることです。日本のメディアは、コメの関税がどうなるこうなると“関税”のことばかり取り上げていますが、TPPの最大の問題は“非関税障壁”の撤廃にある。恐らく、アメリカは〈これは非関税障壁だ〉〈あれも非関税障壁だ〉と、アメリカ企業が参入しやすいように、日本のルールを次々に変更させようとするはず。あっという間に、日本市場はアメリカ企業に席巻されてしまうでしょう」
(筑波大名誉教授・小林弥六氏/経済学)

 これは杞憂でもなんでもない。TPPのひな型とされる「米韓FTA」を結んだ韓国を見れば一目瞭然である。アメリカのルールを押しつけられ、締結からわずか1年の間に、63もの法律を改正させられている。
 逆に、日本がTPPに参加してもメリットはほとんどない。
 安倍首相は「TPPに参加することでアジアの成長を取り込む」などと、もっともらしいことを言っているが、デタラメもいいところだ。TPPには、中国もインドも韓国も参加していない。どうやって、アジアの成長を取り込むというのか。
 アジアの成長を取り込むなら、日中韓のFTAや、ASEANプラス6のRCEP(地域包括的経済連携)を締結した方が、よほど効果がある。自民党も総選挙前は、「TPPよりもRCEPの方が効果が大きい」と訴えていたはず。試算ではRCEPの効果は、TPPの2倍だ。

「TPPは、過去の貿易交渉とは決定的に違います。過去の交渉は、関税を下げることを目指していた。しかし、TPPはスケールがまったく違う。日本の社会そのものを変えることになります。医師会が心配しているように、国民皆保険も“非関税障壁だ”と指摘されて崩壊する恐れがある。国民皆保険があるとアメリカの保険会社の商売の邪魔になるからです。日本人が大切にしてきた食の安全も壊されるでしょう。アメリカは、日本の60倍の殺虫剤を使ってコメをつくっている。日本の基準もアメリカに合わせることになる。日本は日本でなくなります」
(筑波大名誉教授・小林弥六氏/経済学)

 どう考えても、日本がTPPに参加することは割に合わない。国益を損なうだけである。どうして、安倍首相が参加を強行しているのか理解不能である。
 なぜ、安倍首相は、日本の市場をアメリカに売り渡すようなことをしているのか。理由は、政権延命のためだ。TPPに参加しなければ、安倍政権はたちまち崩壊してしまうからだ。
 戦後60年、アメリカに盾突いた政権は、ことごとく退陣の憂き目にあってきた。安倍首相も生殺与奪の権をアメリカに握られている。もし、アメリカが日本の「円安」政策に異議を唱えたら、その途端「円高」が進み、日経平均も暴落してしまうだろう。安倍首相も支持率が下落し、一気に窮地に立たされる。
 とくに「民主党政権の3年間で日米関係がおかしくなった」と民主党を批判し、アメリカとの良好な関係をセールスポイントにしてきた安倍首相にとって、アメリカとの関係悪化は致命傷になる。アメリカが安倍首相を潰すことは簡単なのだ。要するに、安倍首相は、権力維持のために日本を売ったのである。

「安倍首相は二言目には国益を口にしますが、TPP参加は誰のためなのか。アメリカに屈してでも政権を維持したい安倍首相と、経団連に参加しているような大企業のためなのは明らかです。TPPを一言で言えば、“新自由主義”“市場原理主義”です。大企業が自由にビジネスをできるようにしようというもの。大企業の経営者の中には、そのためには食の安全がどうなろうが、国民皆保険が壊れようが構わないと本気で考えている連中がいる。TPPに参加したら、日本は崩壊しますよ」
(政治評論家・本澤二郎氏)

 普段「愛国者」を装いながら、平気で国を売るような安倍首相は絶対に許されない。国民生活を破壊するTPPだけは阻止しないとダメだ。
——————–

Creme Fraiche – I’d Rather Go Blind

Creme Fraiche

Creme Fraiche Live at にちにち食堂
2013.3.16

Trixie Whitley 「I’d Rather Go Blind」 のカヴァー

リハレストリオに広島のギタリストSmoky Kondoと、益田のシンガーNaomiを迎えて本番一発の演奏をしました。
ごく自然な感じで、楽しかったです。
Trixieの曲を歌っても、NaomiはNaomiだった。
しかし一味加わっていた。
それが、おれには嬉しかったです。

Creme Fraiche :
Nariatsu : Guitars
tomo : Bass
Sumiyoshi Makoto : Drums
Smoky Kondo : Guitars
Naomi : Vocals


http://youtu.be/-AerP44bPCE

3曲ライヴVol.6 ~写真集

2013.3.16に開催した「にちにち3曲ライヴVol.6」はトラブルも無く、盛況のうちに無事終えることができました。
出演者、お店のスタッフ、そしてなにより足を運んでくださった聴き手のみなさんに感謝します。
ありがとうございました。
会場準備から片づけまでずっと関わることになる出演者は、労力的にも時間的にもある程度の拘束を受けますので、用意された会場にリムジンで乗り付けたいタイプのミュージシャンには向かないスタイルですが、このライヴシリーズの主旨に賛同してくれる人たちがいることを嬉しく思います。
みなさん、お疲れ様でした。
またやりましょう。
(よれけば、ライヴの感想などをコメントいただけると喜びます)

3 songs live at にちにち食堂

エントランス
candles

ロックをテーマとしたスイーツとキャンドルホルダー
sweets_candles

にちにち店内
tennai

EROTIC TEACHER

EROTIC TEACHER



Creme Fraiche

Creme Fraiche


Creme Fraiche

Creme Fraiche



Always Spring Sun

Always Spring Sun



月島ルイfeat.れいら

月島ルイfeat.れいら



山中剛志

山中剛志



Dream-girls

Dream-girls



きよっぺバンド

きよっぺバンド



Naomi feat.Tomoko

Naomi feat.Tomoko



奥田治義

奥田治義


奥田治義+心書家 志峰

奥田治義+心書家 志峰


心書家 志峰

心書家 志峰


コラボ作品 「永遠」

コラボ作品 「永遠」



ムラ・カーミ氏によるキャンドルホルダー
(写真提供 F-nie)
candleholder

Jimi Hendrix

Jimi Hendrix


Jimi Hendrix

Jimi Hendrix


Chuck Berry

Chuck Berry


いよいよ本日

ほら、みんなの日頃の行いがいいから、晴れたじゃないか。
遠方(遠くは呉市)から駆けつけてくれる人もいます。
演奏者、聴き手、店のスタッフ、各々が楽しい時間を過ごせるよう尽力いたす所存にございますので、よろしくお願いいたします。
では、会場で、、。

午後6時半にスタートです♪

3songs_vol6_960

3 songs live at にちにち食堂

1) EROTIC TEACHER
2) Creme Fraiche
3) Always Spring Sun
4) 月島ルイfeat.れいら
5) 山中剛志
6) Dream-girls
7) きよっぺバンド
8) Naomi feat.Tomoko
9) 奥田治義+心書家 志峰

キャンドルホルダー作家とスイーツ作家も待ってます。

Cold Blooded

The Pretty Reckless

歴史に残る今日を記念して、、。

Cold Blooded – The Pretty Reckless

http://youtu.be/JNo0Kx3DW44

ロック系キャンドルホルダー

某天文台に勤める「ムラ・カーミ」氏は、ビールの空き缶を使ってキャンドルホルダーを作るアーティストである。
空き缶にアイスピックのような道具(違ったっけ?)を使って丹念に穴を開けていく作業は、途方もない根気が要ることだろう。
最後に塗料を吹き付けて、乾燥させて、完成という工程らしい。
ビールを飲む口実として素材にビールの空き缶を選んだという噂もあるが、きっと、いやたぶん、というかおそらくそうではあるまい。
氏は、おれが3曲ライヴを主催するときはいつも、沢山のキャンドル達を持参して、素敵な光の空間を演出してくれる。
今回、Vol.6をやるにあたって、氏に提案してみた。
「なあ、ムラ・カーミ、ロックミュージシャンをテーマにホルダーを作ってみん?」
「・・・・・・・・」
「手始めに、ギタリストからいってみては」
「・・・・・・・・」
寡黙な氏ではあるが、これで立派に会話が成り立っているのだ。
氏のブログに試作品が載っていたので、勝手にここで紹介させていただく。
ロッカーを名乗るお方なら、誰が描かれているのかは、一目瞭然だろう。
これらの作品は、3曲ライブ当日(2013.3.16)に、会場内で展示販売されるので、ぜひご鑑賞がてら、ご購入いただければ幸いでござる。
しまった!壇密さまテーマのを提案するの忘れとった!
まあ、言わんでも、作ってくるろう。
そして、ムラ・カーミ氏の作品と共に、「Art Sweets Fu」の美味美味スイーツも展示販売される。
こちらもロックをテーマとしたものになっているので、お楽しみに。
全宇宙のFuちゃんスイーツファンが押し掛けること間違いなしやね。
ということで、ライブと同時に、キャンドルホルダーとスイーツもよろしく。

jimi

candle_berry

出演順決定 ~にちにち3曲ライヴ Vol.6

3songs_vol6_960

2013.3.16 (Sat)
18:00 open
18:30 start

1) EROTIC TEACHER

2) Creme Fraiche

3) Always Spring Sun

4) 月島ルイfeat.れいら

5) 山中剛志

6) Dream-girls

7) きよっぺバンド

8) Naomi feat.Tomoko

9) 奥田治義+心書家 志峰

【出演者の詳細は下記サイトにあります】
http://writerocker.com/tomo/2013/03/01/3songs-live-vol-6/

我々を日常から目覚めさせるのは非日常しか無いのか

日常のパワーは、やはり大きい。
なかなか日常以外に目を向けにくい。
この日常が明日はないかもしれないと頭の片隅でわかっていても、日常という車輪を止めるブレーキに手を伸ばすことは困難だ。

かつて蒙古が襲来した際、日本の武士たちは必死で戦った。
にもかかわらず危機的状況になったとき、神風が吹いて、日本は蒙古の植民地にならずに済んだ。

明日、2013年3月15日に、我が日本国総理はTPPへの参加を表明するという。
(交渉のテーブルにつくというのは、まやかしだ。)
ふたたび神風が吹かない限り、明日は日本が歴史上初めて植民地化への一歩を踏み出す記念すべき日になるだろう。

今回、必死で戦う武士は誰もいない。
もちろん自分も含めて、我々の責任は重い。
無知と無関心の罪は重い。
次の世代に渡すことになるバトンの酷さを目の当たりにしたとき、我々は痛恨の涙を流すだろう。

東日本大震災の現実を見れば明らかなように、当事者の痛みは当事者にしか本当にはわからない。
そして今後、当事者を免れる者は誰もいないだろう。
庶民はもちろんのこと、政治家、官僚、資本家なども例外ではない。
覚悟はいいか?と何者かが言う。

夜半に目覚めて、強い印象が訪れたので、起き出して、こうして書き留めているところだ。

とはいえ、今日も日常は始まる。
やるべきことと思えることを、やらねばならない。
やるべきことは他にあるだろうに。
非日常が訪れるまで、日常は繰り返されるのだろうか?

もうじき瀬戸際

友人の「風流」どんが紹介していたビデオなんだが、とても重要な情報が発信されていたので、ぜひみんなにも観て考えてほしいと思い、このブログでも紹介します。
下載の文言は、画面の字幕をおれが書き取ったものです。


http://youtu.be/fm-6DR6o3vs
【2013年3月11日シンガポー­ルにて撮影】

Lori Wallach(ロリ・ワラック)
米国のNGO・パブリックシチズンのグローバル・トレード・ウォッチ部門所属
——————–
私たちはTPP交渉が行われているシンガポールにて、日本政府がTPPに参加しようとしていると聞き、大変心配しています。
日本がルールづくりに参加する権利も、何に合意するのかを知る権利すらないのに、参加しようとしているからです。
日本は、これまでのすべての合意を受け入れると言った。
私たちは、そう理解しています。
それは900ページもあるルールに、日本の既存および未来におけるすべての法制度を合わせなければならないということです。
貿易だけでなく、医薬品の価格やアクセス、食の安全や食品表示、郵便の規制やエネルギーや輸送サービス、銀行、消費者の権利保証などの分野においてです。
数多くの、貿易に全く関係のない国内政策が指図されていくのです。
何が書かれているかを見ることもできず、たった一文字の変更も許されないままに、このルールを受け入れること、それが、日本がTPPに参加する際に要求されます。
つまり日本は「交渉」に参加するのではなく、「すでに条項の定められた協定」に参加するわけです。
なぜ安倍政権が、日本にとってこんなにも無礼で危険なプロセスに合意しようとしているのか、とても不可解でなりません。
しかしそれが、私たちの聞いたところです。
すでに協定に参加している国では、強力な反対運動がいくつも起こっています。
しかしそれらの国は、すでに規定された条項が押し付けられているわけではありません。
日本の人々にとってTPPへの参加は、二重の危険であり、二重の侮辱なのです。
——————–

下記のサイトでTPP反対緊急声明の連名に署名できるというのでアクセスしてみたが、「最終的な締め切りは3月13日(水)朝10:00とさせていただきます。」ということだった。
しかし同様の動きはきっとあるはず。
何らかのアクションをしなければ、瀬戸際は近いと思う。

http://www.parc-jp.org/teigen/2011/syomei201303.html

Page 2 of 3

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén