old tomo blog

書く 歌う 結ぶ

ドラゴン・タトゥーの女



遅れ馳せながら、映画『ドラゴン・タトゥーの女』を観た。
暴力、変態、レイプ、セックス、騎乗位、サスペンス、猟奇殺人、スキニーな女、渋い男、心の通い合い、恋愛と失恋、PC、ハッカー、オートバイ、北欧の冬景色、切ないラストシーンなどがふんだんに味わえる。
凄く面白かった。
主役の一人、ダニエル・クレイグは好きなアクターだ、
もう一方の主役、ルーニー・マーラは初めて観たが、この映画での役は一言でいうと《かっこいい》につきる。
上挙のキーワードに心惹かれる人にとっては、期待を裏切らない作品だと思う。
ぜひ、ご覧あれ。

『ドラゴン・タトゥーの女』を観るべき5つの理由
http://www.mtvjapan.com/news/cinema/20486

字幕あり予告編(短)

http://youtu.be/BGFNTbw_eLA

字幕なし予告編(長)

http://youtu.be/X7awaM0UmYI

Previous

心はいつもライダー

Next

3曲ライヴ Vol.6

2 Comments

  1. Layla

    上映された時観ました!
    ラストの彼女の切ない気持ちが可哀想でした。。。

    男って、、、って感じです。

    これ、確か三部作になるそうですよ。

  2. tomo

    最後の男の嘘は一つの優しさだと、おれは思う。
    若い女との年齢差や、長年付き合った女への愛情などが複雑に交差した胸の内だったろうと想像する。
    でも、未来は神のみぞ知るだね。

Comments are closed.

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén