タイトルは、孔子の「論語」にある一節で、人生の最高の楽しみの一つは、仲のよい友人とともに酒をくみかわし、歓談することであるという意味を含んでいるらしい。
今日、広島の音楽仲間である脇夫妻(みっちん&はるちゃん)が益田に遊びにきてくれた。
にちにち食堂で合流し、まずは「にちにち定食」を共に食す。


(チーズハンバーグのマスタードクリームソースかけ)

そのあと、食後の珈琲を飲みながら3時間ほど話し込んだ。
はるちゃんはピアノの先生で、Maggieの店「四丁目倶楽部」で開催した「Vocal Duet Live」に参加していただいたのが縁で知り合った。
みっちんとは今日が正式(笑)な初対面だったが、事前にfacebook上で交流させてもらっていたから、初めてという気はしなかったな。
お二人ともミュージシャンであり、オートバイ乗りでもあるので、音楽の話やツーリングの話、あんな話やこんな話も飛びだして、3時間はあっという間だった。
にちにち食堂やスタッフ、居合わせた人たちなどを気に入ってもらえたようで、よかったです。

(毎週水曜日に、にちにちでスイーツを販売しているArt Sweets Fuのふーちゃんと記念撮影)




はるちゃんは、3/16に開催予定の「にちにち3曲ライブVol.6」に「Dream Girls」というバンドでエントリーしていただけるようなので、楽しみです。
もしかしたら、みっちんもドラムスで加わるかも。

人と人の縁が生じるのは様々なケースがあるわけだが、おれの場合は音楽を通じてが一番多い。
音楽が人生の宝の一つなのは間違いないね♪