これは1985年のドキュメント映画で、StingがThe Policeの活動を休止して、ソロデビューしたあとのファーストコンサートに向けた活動を記録したものだ。
Stingは凄腕の若手ジャズミュージシャンを起用して、ロックとジャズの両要素を加味した独自の音世界を構築している。
映画全編がアップされており、所用時間は1:37:27である。
前半はバンドのリハーサル風景が主で、曲やアレンジを仕上げていく過程や、だんだんバンドになっていく様子が見れて、興味が尽きない。
後半はパリで行われたデビューライブを満喫できる。
しかしネット上で映画一本丸ごと観れるなんて、いい時代になったもんだ。
著作権がらみの、アップ→削除→アップ→削除というイタチごっこが繰り広げられておるのかな。


http://youtu.be/DyoFQimGFdw

Sting (vocals, guitars)
Branford Marsalis (soprano & tenor saxophones)
Kenny Kirkland (piano, keyboards)
Darrel Jones (bass
Omar Hakim (drums)
Janice Pendarvis, Dollette McDonald (background vocals)