アルジェリア政府はテロリズムに屈しないことに決めた。
テロリストと交渉することは無いということは国際社会の共通認識だという。
その理由は明白だが、当事者にとっては非情なことになる。
日本人を始めとして、多数の犠牲者が出た。
今回の当事企業である日揮は、独自のセキュリティ体制を構築していたそうだが、それでもなおリスクを回避できなかった。
危険地帯で操業している多くの企業にとって、今回の事件はターニングポイントとなるだろう。
人命は言うまでもなく尊いが、一国の政府が人命のプライオリティについて苦しい決断を迫られる事件が、今後多発しないことを願うばかりだ。
亡くなられた方々の冥福を祈ります。


http://youtu.be/nSWKdCSXeTM

The Algerian government says 32 fighters and 23 captives have been killed during a three-day military operation to end the hostage crisis at a natural gas plant in the Sahara.

The provisional death toll was issued by the Algerian interior ministry on Saturday after a special forces operation crushed the last holdout of the fighters at the In Amenas plant, resulting in 11 captors killed along with seven hostages.

Al Jazeera’s Paul Brennan reports.