old tomo blog

書く 歌う 結ぶ

Date: 2013-01-11

Don’t Give Up



当時不倫の噂があった男女が抱き合って回転しながら歌っているので、どうせ甘い甘い愛の歌だろうと思いきや、内容はシリアスなものだった。
この曲を含むPeter Gabrielのアルバム「So」がリリースされた1986年当時のイギリスは「イギリス病」と呼ばれる経済の停滞時期で、学校を卒業しても職に就けない若者が大勢いた。
そんな若者への、あるいは失業して自分自身の価値を見失いそうになっている男に対しての、ある種の応援ソングとでも呼べる内容である。
やはり女性は神ですね。

Don’t Give Up – Peter Gabriel ft. Kate Bush
(This video directed by Godley and Creme)

http://youtu.be/VjEq-r2agqc

あきらめないで

この誇り高い国で、僕たちはいつも強くあれと望まれて育った
闘うことを教えられ、勝つことを教えられた
失敗することなど一度だって思ったことはないよ

でも、たぶんもう僕には戦いは残されていない
僕はすべての夢をなくした男さ
僕は顔を変え、名前を変えた
でも負けた人間を求める奴はいないよね

あきらめないで、あなたには友達がいるわ
あきらめないで、あなたはまだ打ち負かされたわけじゃない
あきらめないで、あなたがうまくやれることは私が知ってる


いたるところでそういうのを見たけれど
自分もそうなるとは思いもしなかった
僕たちは最後までうまくやれると思っていた
まさかこんなに状況がひっくり返るとは

故郷へと夜通し車を走らせた
生まれたところだよ、湖のすぐ近くなんだ
夜が明けると景色が見えた
木々がすっかり焼け落ちてしまっていた

あきらめないで、あなたには私達がいるわ
あきらめないで、たくさんのものは必要ないのよ
あきらめないで、どこかに私達が一緒にいれる場所がきっとあるから

身体を休めて
悩みすぎよ
きっとうまくいくから
つらいことがあったら、私達に頼ればいいわ
あきらめないで、どうか、あきらめないでね


ここから出なくちゃ
もう耐えられない
あの橋の上に立ってみよう
そして下を見下ろすんだ
何が来ようとも、何が去ろうとも
川は流れ続ける、川は流れ続ける

他の町へと移ってみた
一所に落ち着こうと頑張ってみた
どの仕事にも、たくさんの人間が就こうとしていた
そして、たくさんの人間が必要とされてなかった

あきらめないで、あなたには友達がいるから
あきらめないで、あなたは決して一人じゃない
あきらめないで、恥じることは何もないのよ
あきらめないで、あなたにはまだ私達がいる
さあ、あきらめないで、私達は今のままのあなたを誇りに思ってる
あきらめないで、今までだって簡単じゃなかったでしょ
あきらめないで、なぜって、私は信じてるから
私達が一緒にいれる場所がきっとあることを


[Translated by Kalavinka]

30年来の親友

おれの末妹の久美と、しょこたんこと中川翔子さんの母上は30年来の親友である。
久美が東京にいた頃からの仲で、東京とアリゾナに離れても、ずっと変わらぬ友情を育んできた。
先日、翔子さんと母上の桂子さんがアリゾナの久美を訪ねたとかで、このとき久美と翔子さんは初対面だったらしい。
久美からすると親友の娘であり、翔子さんからみると母の親友でもある二人は、写真などでお互いを知ってはいたが、会う機会はなかったということだ。
翔子さんがそのときのことをブログに書いている。

しょこたんぶろぐ「桂子の親友」

そういえば昨日の夕方、ZZ.Ridersの練習場に向かいながら、40年来の親友と電話で話した。
彼とは大学のとき同じクラスになって以来、ずっと友人でいる。
お互い振れ幅の大きい人生を歩んでいるが、体が元気なことと、常に前向きなとこは共通しているな。
この歳になると、長年の友人は~年来の~が二桁になる。
三桁になるまで、しつこく生きるか、カズよ♪


Powered by WordPress & Theme by Anders Norén