<バイオグラフィー>
【Rambling RECORDS Siteより】
 オーストラリアに生まれ、レッド・ツェッペリンやトリ・エイモスの影響を色濃く受けたというナデア。イギリスでの生活を経て、パリにたどり着いた彼女が選んだのは、ブルー­ジーなジャズの世界。
 幼いころ、母親のレコード棚から引っ張り出して聴いていたピンク・フロイドとレッド・ツッェッペリンに感銘を受けてから、ロックの魅力にハマりはじめる。
 その後、連れられて行ったミシェル・ショックドのコンサートを観て、「大きくなったら私もこんな風になる」と決心。アメリカン・フォークとパンク・スピリットを融合させたミシェルのパフォーマンスに大きな影響を受けたのだった。十代だったナデアは独学でギターを覚え、自ら歌いながら心地よいコードを探していった。

→続きはこちらで

Nadéah – Odile

http://youtu.be/Ko6Laqrkn_M

Nadéah – Whatever Lovers Say

http://youtu.be/UIv7yHnDcVg

自宅訪問 / ファッション公開

http://youtu.be/m2QTYDk_5iA

Nadéah Web Site
http://www.nadeah.com/

Nadéah my space
http://www.myspace.com/nadeahmusic

Nadéah facebook
http://www.facebook.com/nadeahmusic