インターネットで衆院選のことを調べていたら、なるほどと思った記述があったので、紹介してみます。

「開け電脳政治の時代」から整理引用

有権者各々は、男性・女性・若者・高齢者・社会人・学生など、さまざまなグループに所属しています。
例えばあなたが若者世代だとすると、どの党でもいいからとにかく投票すれば、若者世代の投票率が上がります。
若者世代の投票率がぐんと上がれば、どの政党も若者世代になびいて、若者世代を取り込むための政策を掲げます。
つまり若者世代は政治的に優遇されます。
だから、どこに投票していいかわからないときは、最低限どの党でもいいから投票すればいいのです。
あなたが若者グループでなくて高齢者グループでも、女性グループでも、その他どのグループでも同じ理屈が成り立ちます。
あなたが属するグループの投票率が上がれば、あなたのグループが優遇されます。
でも、よく考えて政治家や政党を選んで投票すれば、更に良いです。
あなたの意思が更に政治に反映されやすくなります。
今は若者が投票しないから、若者が無視されて犠牲になる政策ばかりです。
若者の失業率は高止まり、若者の年金は支払いばかり増えて将来の展望がありません。
だって若者は投票しません。
高齢者は投票します。
だから、高齢者の立場の政治家は当選し、若者の立場の政治家は落選します。
その結果、若者無視の政策になるのは当然です。
この現状を政治家は変えられません。
だって、変えようとする若者の立場の政治家は落選するのですから。
投票者だけが政治を、つまりは社会を変えられます。