ふと思い出したんだが、インドを旅していたときに、現地でlonely planet社の旅行ガイドを買って愛用していた。
もちろん英語で書いてあるわけだが、(どこかの町に着いて、宿を探すなどの)情報を知る必要に迫られると、不思議と辞書無しでも頭に入った。
もちろん小型の英和辞書は持参していたけど。
このガイドブックは、一切の広告やタイアップ記事が存在しないことで有名で、以下のような特徴がある。
『執筆は現地在住者や該当地域を旅する者が複数人で共同執筆を行う。執筆者は、ツアー会社・ホテル・レストランなどからリベートを受け取った場合には解雇の対象とされる。これはユーザに正確な情報を提供するための創設以来のポリシーに基づいている。』
確かに、このガイドブックは役に立ったよ。
細部の情報が古くなっている場合もあった(要するに古い版を持っていたわけだ)が、ベーシックなところは正確で、信頼に足る情報源だった。
最近は日本語版も出ているから、自分の国(町)がどう紹介されているのか読んでみるのも一興だと思う。
英語版で読む方が、もっと面白いかもね。
英語の勉強にもお勧めします。
まあ、興味がある分野だと、英語の記事でも読む気になるからさ。
音楽の記事なら、おれでも読む。

ロンリープラネット(Wiki)

lonely planet Japan

lonely planet