ふと思いついて後ろ向きに歩いてみた
後ろ向きなら時間をさかのぼれる気がしたが
そんなことはなかった
どちら向きでも前に進むことに違いはなかった
けっして過去には戻れないと思い知った
道の両側に茂る草や樹木の新緑が獰猛だ
さまざまな生命が前へ前へと進んでいる
アスファルト舗装の道路脇に黒い線が見えた
近づいてみると蟻の行列だった
線は十メートル以上も伸びている
小さな小さな蟻だ
たぶん数万匹はいるだろう
何のためにどこにいくのか
その団体行動は本能なのか
そして己にも問うてみる
何のためにどこにいくのかと

(2018.5)