真理ってのは、さりげなく置かれてる
朝陽の差し込む出窓の隅だったり
見上げた月の右上だったり

真理ってのは、さりげなく語られる
雑踏のノイズの隙間から
カフェでお茶するレディの口から

真理ってのは、さりげなく流れ去る
いつもそれに気づかないまに
遥かの向こうに消えていく

おまえは真理を知りたいか?
この世の秘密を知りたいか?
だぶん真理は善悪の地平に無い

真理ってのは、さりげなく歌われる
収穫の手を止めないままで
焚火を囲む労働の宵に

真理ってのは、さりげなく忘られる
古の聖者が悟っても
その輝きを目にせぬうちに

真理ってのは、さりげなく息をする
それ自体が生き物のように
そうしてゆっくり立ち上がる

おまえは真理を知りたいか?
この世の秘密を知りたいか?
たぶん真理は善悪の地平に無い

(2017.11.9)