tomo blog

書く 歌う 結ぶ

カテゴリー: 未分類 (1ページ / 92ページ)

ハワイの海岸風景

フラダンサーが踊るバックに海がほしいなと思った。
プロジェクターを床近くに置くと、ダンサーの体で投影が遮断される。
それで、天井にセットすることにした。
ナフコに行って、何か利用できるものはないかなと店内を物色する。
結果、プロジェクターが載せられる面積の板と、人差し指を曲げた形の金具8個と、両端が人差し指を曲げた形になっている金属棒4本を購入した。
板の四隅に金具をねじ込み、板とほぼ同じ面積の天井にもねじ込み、板と天井を金属棒で結ぶ。
天井に出現したプラットフォームにプロジェクターを載せる。
そのままだと天井を平行に照らすだけなので、プロジェクター後部に布を差し入れて角度をつけると斜め下方の壁に投影することができた。
ハワイの海岸風景が入っているDVDを用意して投射してみると、うまくいった。
当初はスクリーンで試したが、面積が狭いので迫力に欠ける。
それで壁に投射してみたら、鮮明な映像ではないが、この方が雰囲気がいいと判断。
舞台照明との併用はできないので、ダンサーと協議して、オープニングでのみ使うことになった。
遠方からの参加に少しでも報いたいとの思いだったが、喜んでもらえたかな。
どんな小さなことでも、アイデアを形にしていくのは面白いね。





八朔祭の屋台

久方振りに八朔祭に出かけた。
高津にある柿本人麻呂神社の階段下から海方面に向かって伸びる道路沿いには、カラフルな看板を掲げた屋台がズラリと並んでいた。
屋台の内容は違っているが、おおむね昔懐かしい風景である。
辺りに漂うイカ焼きの匂いがノスタルジックな気分を呼ぶ。
二十世紀梨も変わらず売られていた。





















































































お話きかせて/写真集

日本語の響きを楽しもう/お話きかせて

初めての試みを無事終えることができた。
当初は内輪っぽくなるかなと思っていたんだが、常連さんが友人を伴って来てくれたり、思いがけない訪問があったりで、なんと11エントリーの盛況だった。
終えたあとの感想を一言でいうと、”人の話を聴くのは面白い”に尽きる。
不思議な話(怖い話)だけでなく、コーヒーについて、フィリピンで騙されたエピソード、今後の事業展望など興味深いもの満載だった。
時期をみてVol.2をやりたいと思うので、そのときはあなたのご参加もお待ちしています。

■ Hiroyuki



■ Nobuhiko



■ Nori



■ Yoshi



■ Hiroto



■ Kumi



■ Masami



■ Ryoji



■ Miyako(”安達佳”代読)



■ Tomo(”奥田治義の世界”代読)
写真無し

■ Kikue(怖い話)
写真無し

日本語の響きを楽しもう/お話きかせて



SUN MOON HALLで不定期に「日本語の響きを楽しもう」というイベントを行っています。
日本語という言語の発音の響きや語感、その音が意味する世界の深淵さなどを味わってみようという趣旨で始めました。
これまで、朗読、日本語による歌、オリジナルテクスト+即興演奏等のパフォーマンスが為されました。
そのVol.4が明日(8月19日)に予定されています。
今回の試みは「人の話を聞く」です。
いつもの音楽仕様ではない舞台を設けます。

以下、イベントページより。

これまでの人生で、誰にも一度や二度の不思議な体験はあるでしょう。
あなたが実際に味わったできごとはもちろん、人から聞いたことも聞くという体験のうち。
そんな不思議な話を持ち寄って、語り合いませんか?
また、不思議話に限らず、あなたの一家言も聞かせてください。
あなたのこれまでの人生で培ったエピソードは、あなたという唯一無二の存在の不思議さに満ちていることでしょう。
話し手はもちろん、聴くだけの人も歓迎します。
ご参加、お待ちしています。

https://www.facebook.com/events/162098977689909/

サンムーン”Tシャツ”できました!

ロゴはスタッフのKumiがほろ酔い気分で其処らへんにあった紙になんとなく描いたイラストだ。
それが店のシンボルマークになり、この度めでたくも “Tシャツ” の顔になった。
太陽には星の王子様にでてくる惑星みたいに木が生えている。
手描きならではの、ほのぼの感が良いといってくれる人はいますか?
色は白のみで、サイズは「S」と「M」の二種類。
2,500円で販売します。
バー付近に見本をぶら下げてるので、手に取ってごらんください。
よろしくね。

S


M

相棒

相棒がいるのは幸せだ。

ヘアカット・ライブ

五年ぶりなんだそうだ、他人の髪を切るのは。
自分のは、長く伸ばしていたときに切っていたとか。
おれは実験台というわけじゃない。
歌の練習のときに、ついでにヘアカットしてくれと頼んだら、快諾。
お礼はハーゲンダッツのバニラ味。
どうせならヘアカット・ライブにしようということに。
何でもありのSUN MOON HALLの面目躍如である。
彼女はかつて五年ほど美容師をしていたんだが、そのことを知る人は少ないかもしれない。


(3分7秒)

1 / 92ページ

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén