tomo blog

書く 歌う 結ぶ

カテゴリー: 癌が寛解した男の戯言 (1ページ / 4ページ)

癌が寛解した男の戯言 Kankai 25

寛解後の月一腫瘍マーカー検査の二回目を受けに、戸畑まで往復した。
腫瘍マーカー値は、前回に引き続いて基準値内だった。
 CEA : 2.00(基準値 : 0~5.00)
 CA19-9 : 4.44(基準値 : 0~37.00)
来月の検査まで一息つけるな。
油断はしていないつもりだが、やはり寛解前とは緊張感が違うのは否めない。
体を冷やさないように気をつけている。
これまでの抗癌剤の副作用で足の指と足底が軽く痺れてて、なかなか回復しないんだが、その他には特に副作用と思われるものは無い。
ただ、直腸切除由来の不自由さはずっと抱えている。
しかし、「寛解(かんかい)」という単語は、補足説明をしなければ通じないことが多い。
いわば一時休止の状態で、「治癒」とも「治った」とも違うわけだが、なにかしっくりくる言い方はないものか。
小康状態
ちょっと一休み
治療不要状態
半治り
治癒未満


癌が寛解した男の戯言 Kankai 24


(Photo by Jose Pepe)

三年前の今日、七夕の日に、直腸癌術前治療のために高槻の大阪医大付属病院に入院した。
願い事を書く短冊も笹も無かったので、心の中の短冊に書いたのかどうか、覚えてはいない。
それから、それから。
三年経った2017年の七夕の朝、ローリング・ストーンズのメンバーだったブライアン・ジョーンズ(1969年7月3日に死亡)が録音したモロッコの民族音楽を聴いている。
何かのきっかけで過去の出来事を思い出すとき、自分は今を生きていると気づくんだ。
今を生きているときには、過去も未来も今にあるから、今に生きているという自覚は無い。

癌が寛解した男の戯言 Kankai 23

“頭の良い人たち”の中にも自分の頭で考え自分の見解を持つ人はいる。
人は好き嫌いで大概のことを判断するが、この世には好き嫌いや善悪を越えた判断をすることが必要なこともあると思う。


癌が寛解した男の戯言 Kankai 22



リチャード・ギア(Richard Gere)は、1949年生まれのアイルランド系アメリカ人俳優だ。
「アメリカン・ジゴロ」を始めとして何本か彼の出演映画を観てきたが、若い時代の顔よりも年齢を重ねてきた今の顔の方が素敵だと(おれが)思える人である。
男として、そうありたいものだ。
彼には、本物の人権活動家としての顔もある。

反中国発言でハリウッドを干されたリチャード・ギアが見せた気骨
http://anonymous-post.com/archives/8954

癌が寛解した男の戯言 Kankai 21

以前に友人から勧められた「ガタカ」を、ようやく観た。
1997年にリリースされたアメリカのSF映画である。
監督はアンドリュー・ニコル。

夢を諦めないこと。
友情。
夢を託すこと。

主役の男女二人も良いが、若き日のジュウド・ロウが素晴らしい。

癌が寛解した男の戯言 Kankai 20

命が助かるなら金に糸目はつけないという思いは理解できる。
振る袖がある人なら、なおさらそうするだろう。
それは人として自然な感情だ。
そして、そういう感情につけこんで阿漕な商売を行う医療者がいる。
それに惑わされて、助かる命を無駄にするケースがある。
国はきちんと取り締まれよ!

http://news.livedoor.com/article/detail/13287248/

「画期的ながん治療」の罠
http://writerocker.com/tk/2017/04/11/cancer-21/

がんのインチキクリニックを見分けるコツ。
これ、以前から何度も出していますが、
1.保険が効かない自由診療。
2.がんが消えた、治ったとのうたい文句。
3.効果のあった患者さんの例が紹介されている。
これがあれば、ほぼ確実にインチキ間違いなし。
(勝俣範之)

癌が寛解した男の戯言 Kankai 19

おれは現在、直腸癌の寛解状態にあるが、治癒ではないので、いわば一時休止ということになる。
月一の血液検査が日常におけるちょっとしたスリルになっているけれど、おおむね元気である。
ありがたいことだ。
さて、おれは闘病中からブログで癌治療に関する情報を発信してきたわけだが、分散していた内容をまとめて「癌と生きる日々~2年11か月の闘病記録」として、一つのページにまとめてみた。
おれの病名は直腸癌なので、それに関連する内容になっているのは否めないが、癌に対する取り組み方という観点からは役立つこともあると思う。
実体験に基づいているので、まさに闘病されている人や身近に該当者がいる人の参考になれば幸いだ。

癌と生きる日々~2年11か月の闘病記録
http://writerocker.com/tk/cancer/

1 / 4ページ

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén