tomo blog

書く 歌う 結ぶ

カテゴリー: 朗読

サンムーンおはなし会



四十代を図書館司書として過ごした。
選書が主な業務だったが、たまにカウンターに座った。
いろいろな人がやってきた。
膝のあたりに弁当箱をくくりつけて颯爽と歩いてきたのはTだった。
まだモヒカンではなかったと思う。
図書館の行事は各種あったが、その中に「おはなし会」があった。
ボランティアの女性や図書館のスタッフが子供への読み聞かせを行っていた。
さて、サンムーンの「おはなし会」は大人でも楽しめる内容になっている。
子供たちにも来てほしいけど、開催時間が夜になるから難しいね。
口が物語り、耳から心へと大切なものが伝わっていく。
そんな豊かな時間を味わいに来てください。

2018.6.30
SUN MOON HALL

① 19:30 – 19:50  TOWER-K(内容未定)
② 19:55 – 20:15 ミミラキ☆(絵本朗読)
③ 20:20 – 20:40 三木由紀子(小説朗読)
④ 20:45 – 21:05 Kaoru Kishida(旅の話)
⑤ 21:10 – 21:30 安達 佳(体験談など)
⑥ 21:35 – 21:55 三浦 雅代(自描オリジナル絵本 by Kumi)
⑦ 22:00 – 22:20 こざわまゆか( ひとり朗読劇「まほうのしま〜Storytelling of FIJI」)
⑧ 22:25 – 22:45 高島・まさ齋藤・雅代(朗読劇)
⑨ 22:50 – 23:10  Tomo Kusunoki(自作詩朗読)

サンムーンおはなし会
https://www.facebook.com/events/173945496623400/

VOICE & RHYTHM

明日(2018.4.14)SUN MOON HALLで開催されるイベント「バンド版オープンマイク」で、朗読者とドラマーのコラボレーションが行われる。

朗読者 : 楠 知幸(益田)
ドラマー : 山田明博(広島)

テクストは今回のコラボのために書き下ろしたものである。
ドラマーには簡単な進行の仕方のみ伝えてある。
テクストの事前開示は無しだ。
無茶振りではない。
彼のドラマー力に基づくオファーだ。
真剣勝負だから、こちらが返り討ちに遭わないように気を入れてやらねば。
朗読に興味がある人や優れたドラムプレイを味わいたい人には、ぜひ足を運んでほしい。
そして、他にも魅力あるバンドがご出演♪

1. 19:30 – 20:00(30分) SYURIKEN
2. 20:10 – 20:40(30分) SMH Session Band
3. 20:50 – 21:20(30分) Mishmash
4. 21:30 – 22:00(30分) 鳩クロック
5. 22:10 – 22:30(20分) VOICE & RHYTHM

https://www.facebook.com/events/611978039148542/

楠 知幸


1951年島根県生まれ
すっ飛ばして、いきなり2017年3月
SUN MOON HALLのイベント「日本語の響きを楽しもう」で朗読を始める
2017年8月から歌詞を書き始める
いくつかは曲にしたものの、文字での創作が増えていく
一応歌詞ではあるが詩でもあるというスタイルを目指す
朗読はBGMを使うこともあるが、ミュージシャンとのコラボが多い
宇月 彩(ライアー)
俵 則和(キーボード)
奥田治義(エレクトリック・フレットレス・ベース)
そして、2018.4.14には山田明博(ドラムス)との初コラボを予定している

山田明博


広島市内生まれ。幼少時に、マーチングバンドの演奏に感激し、ドラマーになることを決意。14才の時に初めてスティックを握る。

’99より、レジェンド的な存在のトップドラマー・渡嘉敷祐一氏に師事。現在も継続中。

2005年 渡米。様々なジャンルの演奏を多人種のミュージシャンと経験したことにより、自身の音楽感を大きく変貌させることになった。

共演アーティスト 伊藤広規、 関将、デイヴ・シンクレア、Yonoa、福田洋也など。

2014年10月 Naomiとの出会いがきっかけとなり・Blues Rockバンド、Bakersfieldを結成。

現在もこのリーダーバンドを基軸に、音楽性にこだわらず、フットワークの軽さを武器に国内・随所で活動中。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén