標準治療って何?
~標準治療はどうやって決まるのか? 標準治療の誤解~(上)
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20161107-OYTET50028/

標準治療って何?
~標準治療はどうやって決まるのか? 標準治療の誤解~(下)
Page.1 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20161212-OYTET50022/
Page.2 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20161212-OYTET50022/2/
Page.3 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20161212-OYTET50022/3/

勝俣範之(かつまた・のりゆき)
日本医科大学武蔵小杉病院腫瘍内科教授
1963年、山梨県生まれ。
1988年、富山医科薬科大卒。
1992年国立がんセンター中央病院内科レジデント。
その後、同センター専門修練医、第一領域外来部乳腺科医員を経て、2003年同薬物療法部薬物療法室医長。
2004年ハーバード大学公衆衛生院留学。
2010年、独立行政法人国立がん研究センター中央病院乳腺科・腫瘍内科外来医長。
2011年より現職。
近著に『医療否定本の?』(扶桑社)がある。
専門は腫瘍内科学、婦人科がん化学療法、がん支持療法、がんサバイバーケア。
がん薬物療法専門医。