tomo blog

書く 歌う 結ぶ

月別: 7月 2017 (1ページ / 3ページ)

癌の「標準治療」

良記事を見つけたので、ご紹介します。

標準治療は「並」ではなく「特上」のこと
http://bunshun.jp/articles/-/3474

標準治療は確率的に見て「受けたほうが得することが多い治療」
http://bunshun.jp/articles/-/3474?page=2

(鳥集 徹)

浜田真理子さん美都にくる



島根出身のシンガー(ピアノ&ソングライティング)浜田真理子さんのコンサートが美都町であるので、出かけようと思っている。
音楽性は下載のニューアルバム「Town Girl Blue」の全曲試聴で垣間見れるよ。
この声が柚子と温泉の里に流れるのは素敵だと思う。
会場で会いましょう。

2017.8.11(金・祝)
18:00 OPEN
18:30 START
大人 : 1,500円(当日 2,000円)
高校生以下 : 700円(当日 1,000円)
(SUN MOON HALLにチケットあります)

ヘアカット・ライブ

五年ぶりなんだそうだ、他人の髪を切るのは。
自分のは、長く伸ばしていたときに切っていたとか。
おれは実験台というわけじゃない。
歌の練習のときに、ついでにヘアカットしてくれと頼んだら、快諾。
お礼はハーゲンダッツのバニラ味。
どうせならヘアカット・ライブにしようということに。
何でもありのSUN MOON HALLの面目躍如である。
彼女はかつて五年ほど美容師をしていたんだが、そのことを知る人は少ないかもしれない。


(3分7秒)

マモニイ、バンドに復帰♪

高い高い脚立から落下して肋骨を数本折ったドラマーがギブスをはめたままバンド練習に復帰した。
まだ少し痛むようだが、一応ドクターから許可を得たとのこと。
なにやらオートバイにもちょっと乗ったらしいぜ。
病み上がりなので、8月6日に出演する周南でのライブには、益田の誇る若手ドラマーも同行して叩き分けることになっている。
彼はマモニイの治療中に代理で練習につきあってくれたナイスガイである。
「TOMO TRIO」の応援に来ておくれ。




癌が寛解した男の戯言 Kankai 25

寛解後の月一腫瘍マーカー検査の二回目を受けに、戸畑まで往復した。
腫瘍マーカー値は、前回に引き続いて基準値内だった。
 CEA : 2.00(基準値 : 0~5.00)
 CA19-9 : 4.44(基準値 : 0~37.00)
来月の検査まで一息つけるな。
油断はしていないつもりだが、やはり寛解前とは緊張感が違うのは否めない。
体を冷やさないように気をつけている。
これまでの抗癌剤の副作用で足の指と足底が軽く痺れてて、なかなか回復しないんだが、その他には特に副作用と思われるものは無い。
ただ、直腸切除由来の不自由さはずっと抱えている。
しかし、「寛解(かんかい)」という単語は、補足説明をしなければ通じないことが多い。
いわば一時休止の状態で、「治癒」とも「治った」とも違うわけだが、なにかしっくりくる言い方はないものか。
小康状態
ちょっと一休み
治療不要状態
半治り
治癒未満


TOMO TRIO

マモニイの復帰を待ちながら、「TOMO TRIO」は練習を続けております。
見学者が一人でもいると、感想などが聞けるし、良い緊張感も出るし、ありがたき幸せなり。
やはり、ロックのトリオ編成はしっくりくる。



日本語でブルーズを歌うなら

ここまでやって、初めて、日本語でブルーズを歌うってことになると思うわけです。
もちろん演奏も含めてね。

1 / 3ページ

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén