かつて三十代の頃、七年ほど京都に暮らした。
そのときに仲良くしていた音楽仲間たちとは今でも交流がある。
来る6月18日に次男の長男(一歳)@孫に会いに京都まで足を伸ばすんだが、偶然にも当日の夜に彼らの一部が組んでいるバンドのライブがあることがわかった。
顔出すよと連絡したら、音楽仲間たちのほとんどが集結してくれるという。
少し歌う?というので、旧友たちと即席バンドを組んで演奏することになった。
おれはぶっつけ本番になるので、一曲は耳になじんではいるが初めて歌うものを、もう二曲は歌い込んできたものを選曲した。
久々に会えるだけでも嬉しいのに、一緒に演奏できるなんて極上の気分である。
闘病がひと段落したら会いに行こうと決めていた孫に初めて会えるし、旧交を温められるし、そういう特別の日って人生の中でたまにはあるもんだな。
これまで耐えてきたことへの褒美だと思うことにしよう。