tomo blog

書く 歌う 結ぶ

月別: 5月 2017 (1ページ / 3ページ)

2017.6.3のオープンマイク



6月3日にSUN MOON HALLで行われる「オープンマイク」のエントリーが出揃いました。
全10組のうち4組がダンスです。
音楽演奏だけでなく、いろいろな表現が集うのはワクワクします。
でも、ダンスにせよ朗読にせよ、音楽が無関係ということは稀ですが。

出演時間は目安にしてください。
押したり巻いたり、多少の前後はあるかもしれません。
週末のひとときを共に楽しみましょう。


01/ 19:00-19:20 宮内みさよ(&菜緒実?)【益田】
演歌
初登場!

02/ 19:25-19:45 AGE52 【江津】
フォーク系
「雨」にまつわる3曲

03/ 19:50-20:10 アラーキー(増田 仁)【浜田】
フォーク系
初登場!

04/ 20:15-20:35 安達 佳 【津和野】
創作舞踊
初登場!

05/ 20:40-21:00 Soul Beat Footworkerz 【津和野】
ヒップホップダンス

06/ 21:05-21:25 守屋彰夫 【益田】
バンジョー弾き歌い

07/ 21:30-21:50 crazylips 【浜田】
女子中学生二人のダンスチーム
初登場!

08/ 21:55-22:15 ブルートジャパン 【益田】
不思議系

09/ 22:20-22:40 深野良治 【江津】
フォーク系
オリジナル新曲あり

10/ 22:45-23:05 堀 円花 【広島】
アイリッシュダンス
初登場!

癌が寛解した男の戯言 Kankai 10

いろんな媒体で目にする言葉に膝を打つものがあったとして、その内容は自分が常日頃から思って(感じて)いることがほとんどだ。
自分の中に無い考え方に感銘を受けることはもちろんあるが、それは天からの贈り物。
たとえば、ときどき読んでいる劇画原作者の小池一夫(チャーミングな老人)さんのツイッターに、こんな文章があった。
これなどは、おれの中にあるもので、且つ自分の大切な人たちに理解してほしいなと願う内容である。

「何でもないことに傷つく」のを止めるのだ。この傷つきやすさって癖になってしまうと、なかなか治らなくなってしまうから。傷ついて落ち込んでいるときに、ふと我に返ると、大したことじゃないなと思うことは沢山ある。無駄に自分を傷つけないぐらいの強さを持たないとね。(小池一夫)

癌が寛解した男の戯言 Kankai 9



SUN MOON HALLのTwo Facesというイベントの翌日のこと。
灯油が満タンのファンヒーターを中腰で持ち上げたら、腰に衝撃が走った。
やっちまっただ、久々のギックリ腰を。
油断大敵、世界に平和を。
週末に予定しているツーリンクのことが脳裏を横切る。
腰の曲がった老人スタイルで何とか部屋までたどり着く。
何かを持たねば、床から立ち上がれない。
椅子に座ると、立ったときに腰が伸びない。
その他もろもろ。
相方ご推薦の「マサイ体操」で回復を図ることにした。
やり方は上載の画像のごとく。
結果、丸二日経った今日、車で外出できるまでに回復した。
ただ、運転席から外に出ると、しばらくは腰が伸びない。
しかし、効き目はあるようだ。
該当者はお試しあれ。
腰痛の予防にも有効らしいよ。
ところで、お好み焼きを食べに行くツーリングの参加者の顔ぶれをよくよく見ると、爺爺鉄馬乗り、元へZZ.Ridersではないか。
みんな、おたっしゃである。

Two Faces ~田中美礼 Fea.奥田治義【写真集】

自分のを含めて、いろんな人のショットを使わせてもらってます。

■ トークショー(ゲストにAlessandro Carchia) 田中美礼×楠 知幸



■ バレエとソロベースのコラボ 田中美礼×奥田治義
バッハの無伴奏チェロ組曲(抜粋)をモチーフにして

















■ イタリアのスイーツについて 田中美礼&Alessandro Carchia





■ バレエ舞踏(カルメン)田中美礼








■ インタビュー



■ アフターステージ





バレエとソロベースのコラボ【動画】

バレエとソロベースのコラボ
田中美礼×奥田治義
バッハの無伴奏チェロ組曲(抜粋)をモチーフにして


https://youtu.be/PbkM0po4gjk

バレリーナ VS. ソロベーシスト



本日、SUN MOON HALLで斬新なコラボがあります。
津和野のプロ・バレリーナと、広島のプロ・ベーシストの共演です。
ベーシストがバッハの無伴奏チェロ組曲(抜粋)を弾き、それにインスパイアされたバレリーナが即興で踊ります。
あと、トークショー(バレリーナがバレーという芸術に向かった経緯やイタリア在住時のエピソードなど)、彼女が教えているピラティスのレクチャー、そして目玉のバレエ舞踏(カルメン)など、盛沢山です。
気軽に楽しんでいただけるチャージ無料となっていますので、ぜひ足をお運びください。

メニュー(一部変更の可能性あり)

■ トークショー(ゲストにAlessandro Carchia) 田中美礼×楠 知幸

■ ピラティスに関するレクチャー 田中美礼

■ バレエとソロベースのコラボ 田中美礼×奥田治義
バッハの無伴奏チェロ組曲(抜粋)をモチーフにして

■ イタリアのスイーツについて 田中美礼&Alessandro Carchia

■ バレエ舞踏(カルメン)田中美礼

5/27(土)Two Faces ~田中美礼 Fea.奥田治義
https://www.facebook.com/events/402506823468145/


田中美礼(たなか・みれい)

1990年 島根県津和野町生まれ。
10歳でバレエをはじめ黒木隆江バレエスタジオ 黒木隆江に師事し13歳の時に初出場した北九州バレエコンクールで入選。
全国バレエコンクール・ザ・バレコン仙台ジュニアの部で優勝。
その翌年、同コンクールのシニアの部で優勝。
14歳の時にYAGPユースアメリカグランプリに出場。
The Australian Ballet Schoolのフルスカラーシップを受賞し1年間の奨学金を取得。
翌年、福岡で行われた全国バレエコンクールのエキシビションにゲスト出演。
中学校を卒業と同時にオーストラリアに留学。
The Australian Ballet Schoolに入学。
卒業までの4年間をオーストラリアで過ごし、オーストラリアバレエカンパニーのツアーにも参加する。
卒業後は19歳で単身ヨーロッパに渡り、イタリアのバレエカンパニーに入団。
2010年から2016年までイタリア各地・国外でプロダンサーとして活動。
2015年には美祢芸術村のコンサートホールにてJazzとBalletのコラボレーションコンサートに参加する。
メンバーは国内外で活躍するトップミュージシャン、吉田次郎氏(ギタリスト)、クリヤマコト氏(ピアニスト)、折重由美子氏(クラビオーラ奏者)。
ダンスパートナーは、イタリアバレエカンパニーのプリンシパルアーティストDorian Grori。
2016年春に帰国してBalletto Benessereを立ち上げ、バレエ指導・ピラティスの講師として活動しながら、ダンサーとしての活動も継続中。

三年生きたぜ!ライブ 出演者写真集

01 / Ikiatari Battari



02 / Desert Rose




03 / STAX-G




04 / KTN




05 / The Laidbacks




06 / 高田たかし




07 / あらまぁ由実




08 / 宇月 彩




09 / 風流




10 / Next Batter’s Circle




11 / set2done injury




12 / Bom?Toro




13 / BRUTO JAPAN




14 / 80 DRIVE




15 / Jitterbug Boys




16 / ARGUS




17 / 鳩時計




18 / TOMO TRIO




19 / 憂歌党




20 / 奥田治義の世界


1 / 3ページ

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén