tomo blog

書く 歌う 結ぶ

月別: 12月 2015 (1ページ / 3ページ)

去る年は追わず 来る年は拒まず

2015 to 2016

Dear my friends.
癌治療のため、12月28日から北九州市にある戸畑共立病院に入院します。
ここは福岡県認定がん診療拠点病院で、温熱療法(ハイパーサーミア)+高気圧酸素治療と放射線および抗癌剤を併用した治療が行われています。
戸畑共立病院がん治療センターの今田医師(副院長・がん治療センター長)は放射線治療・化学療法・温熱療法の第一人者で、今田医師との面談で、IMRTという特殊な機器を使う放射線ピンポイント放射と抗癌剤注射を主に、温熱療法+高気圧酸素治療でそれを補助するという治療方針が出ました。
(抗癌剤は弱いものでは非効率なので、ある程度の強さになるらしい)
入院期間は6週間が予定されています。
当分いるので、北九州漫遊のついでにでも顔を見せてください。
放射線と抗癌剤でフラフラになってるかもですが。
面会時間は9:00~21:00です。
連絡は電話(折り返しかけ直します)かショートメールでお願いします。
病院のパンフを見たら、TVカード使用のインターネット専用PCがあるとのことなので、Facebook Message も受け取れそうだけど、急ぎの場合は電話かショートメールが確実です。

みなさん、良い年をお迎えください。
再会を楽しみにしています。

鬼に笑ってもらおうじゃないか

tomo_fussa

来年は KTM と並行して、こういうのやります。
ストーンズと同じ編成でやります。
二十歳の頃にロックバンドで歌い始めたとき、ミックだったのよ。
原点回帰するわけさ。
だから、きっと生還してみせる。


https://youtu.be/suPVN-TNH_A

癌メモ 07 がん友

今夜はクリスマスイヴ。
がん友さんたちのところへ、サンタのおじさんは来るだろうか。
願い事を書いた紙を大きな靴下の中に入れただろうか。
だぶん彼らの願いは同じに違いない。
願いが叶ったら、以前と同じ生活や生き方に戻るだろうか。
あるいはそれまでの過酷な体験をバネにして、新しい日々を始めるだろうか。
サンタのおじさん、お願いだ。
とりあえず来年のクリスマスにまた、願い事をさせてほしい。
そして再来年もまた。

がん友は増えても嬉しくはない。
減るのは嬉しい場合と悲しい場合がある。
みんなで「がん友」から「元がん友」になろうよ。


「癌と生きる日々」に」戻る

Blue Note supergroup “Our Point Of View” Concert

Our Point Of View

こういうの好みだな。
90分ちょいあるけど、ブルーノートにいると思って一杯やりながら聴いてみない?


http://www.npr.org/event/music/377366382/our-point-of-view-at-le-poisson-rouge?autoplay=true

Robert Glasper – keyboard
Ambrose Akinmusire – trumpet
Marcus Strickland – tenor saxophon
Lionel Loueke – guitar
Derrick Hodge – bass
Kendrick Scott – drums

癌メモ 06 心の保ち方

どんな種類の癌であれ、あなたは癌を発病していますと告げられて動揺しない人はまれだろう。
「死」「家族」「仕事」「お金」などのイメージが頭の中を舞い始めるとしても不思議はない。
そのとき、その事実をどう捉え、どう考え、どう行動するかで、その人のその後は違ってくる。
生来の性格により、比較的冷静に受け止める人もいれば、激しく取り乱す人もいると思う。
おれの見解では、その人のそれまでの生き様が大きなファクターになるような気がする。
生まれつきの性質は生き方によって変わってくるから。
癌という病は、よほどの末期でない限りすぐには死なない。
死ぬまでの猶予期間があり、そして死期もある程度特定される。
この猶予期間に何を感じるかだ。
生が輝くとか、この世を深く理解できるようになったなどと見聞きするが、それは本当だよ。
そして死期が予想できるということで、ある種の安堵感を得ることができる。
(いや、これはおれ独自の感想だけど)
おれたちは普段、死など意識せずに暮らしている。
夜に眠っても朝になればまた目が覚めると信じて疑わない。
そんな保障は無いのにさ。
死を意識しないから、安心して生きていける。
若者はむろんのこと、高齢になっても、まだまだ日々は続くと思ってしまう。
「今」だけに心を留められればいいだろうが、もし未来をネガティヴに捉えているなら、いつ訪れるかわからない死は憂鬱な懸念事項になる。
いつ訪れるかわからないということ、そのものに恐怖する。
一方、癌によって死期の見通しが立ったらどうだろう。
諦めないで病を克服しようとしつつ、心は瞬間瞬間を味わい尽くそうとするんじゃないかな。
もちろん人によっては、そんなことは有り得ないと思うのも理解できる。
ただ幸か不幸か、おれはそんなふうに感じている。
癌は、心の窓から見える風景を変えてしまった。


「癌と生きる日々」に」戻る

2015 Best Jazz Album (NPR)

アメリカの147人のジャズ批評家投票による「2015年の年間ベスト・アルバム TOP60」を、公共ラジオ局NPRが発表。
TOP10から1曲ずつ聴けるよ。
キャリアのある大御所も活躍してるね。


01


02


03


04


05


06


07


08


09


10

癌メモ 05 医療費

癌が発覚してから今まで、いったい幾らの医療費がかかったのか、参考までに記してみよう。
病院までの交通費・宿泊費・雑費などは除いて、通院や入院時に医療機関に支払った額である。
(薬代は別記)
2014年 440,730円
2015年 212,501円
2016年 258,380円
2017年 65,070円(~6.14)
合計 976,741円
これは健康保険の三割負担や高額医療費制度を利用したあとの額だ。
大きな病気をした場合、高額医療費制度が無ければ、金銭に余裕の無い者は治療が受けられないことになる。
高額医療費制度が無ければ、民間保険に加入せざるを得ないだろう。
国内国外を問わず、民間保険会社が制度廃止を意図しているのは、この高額医療費制度じゃないかな。
これに関して、TPPはきな臭い。
誰にどんな詭弁を使われても、このありがたい制度は死守せねばならないよ。
ここ一年あまり、そしてこれからもこの制度のお世話になる身として、それを実感している。

ちなみに薬代とストーマ用品の合計は以下のとおり。
2014年と2015年の薬代 199,746円(抗癌剤は高価だ)
ストーマ用品 137,748円
2016年の薬代 30,710円
2017年の薬代 26,820円(~6.16)

高額医療費制度はこのサイトに詳しく載っている。
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3030/r150


「癌と生きる日々」に」戻る

1 / 3ページ

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén