人の集団にも異分子はいる。
小さな集団でも、地球的規模でも、それは同じだ。
人の内部も、またしかり。
異分子は自分が正統だと主張するだろう。
数が増えれば立場は逆転する。
現在の主流としては、異分子が排除できないなら、共存するしかない。
共存して、できるだけ遠くまで行くのだ。