tomo blog

書く 歌う 結ぶ

月別: 6月 2015 (1ページ/3ページ)

お知らせ

see ya soon

今日から七月初旬までネット環境から離れますので、連絡はショートメールが電話でお願いします。


LPレコードを買う

LP2

最後にLPレコードを買ったのは、いつのことだったろう。
たぶん1982年。
ブルース・スプリングスティーンの6作目のスタジオ・アルバム、『ネブラスカ』(Nebraska)だったと思う。
だから、今回の購入は33年ぶりになる。
もちろん中古品で、値段は3枚500円だった。
この店では程度の良い品を丁寧に整えて販売しているんだが、仕入れ後の未チェック品を安く売ってもいる。
あまり時間がなかったので、ゆっくり選べなかったが、6枚ほど入手した。
最近はまたアナログ盤が人気になってるらしいね。
おれもけっこう持っているから、ロック好きな連中と昔のロック喫茶のように大音量で聴くイベントをしようかな。
ただ黙って聴いてもいいし、若い世代の人に対してウンチクジジイがちょっとした話をしつつ聴いてもらうのも面白いかもしれん。
音楽を通じた複数世代のクロスロードに。

大潮レコード
大潮レコードFacebook

生駒市立病院

ikoma

近鉄奈良線の東生駒駅前に生駒市立病院が6月1日に開院した。
診療科は、内科・消化器内科・循環器内科・小児科・外科・整形外科・産婦人科・脳神経外科・腎臓泌尿器科。
市立病院だが、医療法人徳洲会の管理運営だ。
なぜこの病院のことを紹介しているのか?
ビコーズ、大阪医科大学付属病院での主治医だった近藤先生が副院長として就任されたからである。
大阪医大は腹腔鏡下大腸手術の西の横綱で、優秀な医療チームによって消化器外科の大腸癌手術件数は国内で常にトップ3に入っている。
おれの直腸癌根治手術は近藤先生に執刀してもらった。
昨年7月1日の初診でお会いしたとき、この人だったら安心してまかせられるという直感があった。
7時間に及ぶ手術だったが、肛門括約筋が温存でき、一時的ストーマ(人工肛門)にはなったものの、術後の抗癌剤服用を経た検査結果は腫瘍転移無しだった。
先日の患部診断のとき生駒に移ることを聞いたので、引き続き主治医としてお願いしたというわけだ。
ストーマ取り外しオペが6月22日に決まったので、昨年9月29日以来の付き合いとなったストーマくんと涙のお別れとなる。
もう会わないでおこうな。

担当医の紹介
副院長 外科  近藤圭策
https://ikoma.tokushukai.or.jp/section/surgery/

生駒市立病院
https://ikoma.tokushukai.or.jp/

My Generation

My Generation

一夜限りのスペシャルバンド
リアム・ギャラガー(Liam Gallagher) ~後ろ手組みヴォーカルスタイル健在
ロジャー・ダルトリー(Roger Daltrey) ~いい感じに老けている
ザック・スターキー(Zak Starkey) ~リンゴ・スターの息子

Liam Gallagher and Roger Daltrey – My Generation

https://youtu.be/_RWx2iuq978

The Who ‘Live at Leeds’ 1970 – My Generation

https://youtu.be/IIJgjlWQym0

この曲を初めて聴いたのは、ザ・タイガースのコンサートでだったりする。
当時彼らは、ストーンズなど洋楽のカヴァーもやってたんだ。

真夏みたいな日の小春日和

koharu1

koharu2

今日は暑かった。
日差しも眩しく。
毎日なんやかやと忙しく過ごしている。
改装の準備とか、役所への届け出とか。
久々に「小春日和」でランチ。
沖縄焼けの三人娘は相変わらず元気だった。

美男子/美人/美女子

Francesco Vezzoli Takeover: As You Desire Me

薔薇八景

ママ友ならぬガン友のNさん(作家名Jose)が撮影してブログ「ほぼ毎日一枚立ち撮りフォト」で紹介している写真が素晴らしい。
病との闘い(共存かも)を通して、風景の見え方も違ってきただろうか。

01

02

03

04

05

06

07

08


京都賀茂川神社
http://jose32.exblog.jp/21253428/

京都大徳寺
http://jose32.exblog.jp/21253349/

1/3ページ

Powered by WordPress & テーマの著者 Anders Norén