スズキ・ジムニーはジープタイプの軽乗用車で、1970年4月に軽自動車初の本格四輪駆動オフロード車として発表された。
これが初代第1期(1970年-1972年)である。
以来、初代第2期(1972年-1976年)、初代第3期(1976年-1981年)2代目第1期(1981年-1984年)、2代目第2期(1984年-1990年)、2代目第3期(1990年-1995年)、2代目第4期(1995年-1998年)、3代目(1998年-)と進化していった。
もちろん現在も生産販売されている。
おれは今、普通車に乗っているんだが、もし2台目を買うとしたら軽トラックか、ジムニー初代第3期(1976年-1981年)のSJ10-4型というのにしたい。
こんな姿をしている。

jimny

実は29~30歳の頃、この型に乗っていた。
旅費をまかなうために手放してしまったけど、とても気に入ってた車だった。
山間部や海岸などを走り回っていたのを思い出す。
一度、海岸でスタックして波にさらわれそうになり、近くにいた重機に引き揚げてもらった。
洗車は川の浅瀬に乗り入れて、馬を洗うように行った。
このジムニーは初代第3期(1976年-1981年)の最後の型で、このあと2代目になると少し洗練されて、女性が乗っても似合うような雰囲気になってしまった。
おれは初代のジープライクな外観が好きだな。
今でもちゃんと動くタマがあるだろうか?
あれば。また乗ってみたい。

tomo with jimny1