tomo blog

書く 歌う 結ぶ

バレリーナ VS. ソロベーシスト



本日、SUN MOON HALLで斬新なコラボがあります。
津和野のプロ・バレリーナと、広島のプロ・ベーシストの共演です。
ベーシストがバッハの無伴奏チェロ組曲(抜粋)を弾き、それにインスパイアされたバレリーナが即興で踊ります。
あと、トークショー(バレリーナがバレーという芸術に向かった経緯やイタリア在住時のエピソードなど)、彼女が教えているピラティスのレクチャー、そして目玉のバレエ舞踏(カルメン)など、盛沢山です。
気軽に楽しんでいただけるチャージ無料となっていますので、ぜひ足をお運びください。

メニュー(一部変更の可能性あり)

■ トークショー(ゲストにAlessandro Carchia) 田中美礼×楠 知幸

■ ピラティスに関するレクチャー 田中美礼

■ バレエとソロベースのコラボ 田中美礼×奥田治義
バッハの無伴奏チェロ組曲(抜粋)をモチーフにして

■ イタリアのスイーツについて 田中美礼&Alessandro Carchia

■ バレエ舞踏(カルメン)田中美礼

5/27(土)Two Faces ~田中美礼 Fea.奥田治義
https://www.facebook.com/events/402506823468145/


田中美礼(たなか・みれい)

1990年 島根県津和野町生まれ。
10歳でバレエをはじめ黒木隆江バレエスタジオ 黒木隆江に師事し13歳の時に初出場した北九州バレエコンクールで入選。
全国バレエコンクール・ザ・バレコン仙台ジュニアの部で優勝。
その翌年、同コンクールのシニアの部で優勝。
14歳の時にYAGPユースアメリカグランプリに出場。
The Australian Ballet Schoolのフルスカラーシップを受賞し1年間の奨学金を取得。
翌年、福岡で行われた全国バレエコンクールのエキシビションにゲスト出演。
中学校を卒業と同時にオーストラリアに留学。
The Australian Ballet Schoolに入学。
卒業までの4年間をオーストラリアで過ごし、オーストラリアバレエカンパニーのツアーにも参加する。
卒業後は19歳で単身ヨーロッパに渡り、イタリアのバレエカンパニーに入団。
2010年から2016年までイタリア各地・国外でプロダンサーとして活動。
2015年には美祢芸術村のコンサートホールにてJazzとBalletのコラボレーションコンサートに参加する。
メンバーは国内外で活躍するトップミュージシャン、吉田次郎氏(ギタリスト)、クリヤマコト氏(ピアニスト)、折重由美子氏(クラビオーラ奏者)。
ダンスパートナーは、イタリアバレエカンパニーのプリンシパルアーティストDorian Grori。
2016年春に帰国してBalletto Benessereを立ち上げ、バレエ指導・ピラティスの講師として活動しながら、ダンサーとしての活動も継続中。

三年生きたぜ!ライブ 出演者写真集

01 / Ikiatari Battari



02 / Desert Rose




03 / STAX-G




04 / KTN




05 / The Laidbacks




06 / 高田たかし




07 / あらまぁ由実




08 / 宇月 彩




09 / 風流




10 / Next Batter’s Circle




11 / set2done injury




12 / Bom?Toro




13 / BRUTO JAPAN




14 / 80 DRIVE




15 / Jitterbug Boys




16 / ARGUS




17 / 鳩時計




18 / TOMO TRIO




19 / 憂歌党




20 / 奥田治義の世界


癌が寛解した男の戯言 Kankai 8



五月らしい快晴となった、今日。
SUN MOON HALLに、たくさんの音楽を愛する人たちがやってくる。
人間を愛する人たちでもある。
共に楽しい時間を過ごそうと思う。
みんなも来ないか?
待ってるよ。

とりあえず三年生きたぜ!ライブ

5月20日 17:00 ~ 5月21日 01:15
SUN MOON HALL
〒699-3676 島根県 益田市益田市遠田町2176-1

01 / 17:00-17:20 Ikiatari Battari
02 / 17:25-17:45 Desert Rose
03 / 17:50-18:10 STAX-G
04 / 18:15-18-35 KTN
05 / 18:40-19:00 The Laidbacks
06 / 19:05-19:25 高田たかし
07 / 19:30-19:50 あらまぁ由実
08 / 19:55-20:15 宇月 彩
09 / 20:20-20:40 風流
10 / 20:45-21:05 Next Batter’s Circle
11 / 21:10-21:30 Bom?Toro
12 / 21:35-21:55 set2done injury
13 / 22:00-22:20 BRUTO JAPAN
14 / 22:25-22:45 80 DRIVE
15 / 22:50-23:10 Jitterbug Boys
16 / 23:15-23-35 ARGUS
17 / 23:40-24:00 鳩時計
18 / 00:05-00:25 TOMO TRIO
19 / 00:30-00:50 憂歌党
20 / 00:55-01:15 奥田治義の世界

出演者の写真は下記サイトに掲載
http://writerocker.com/tk/tomos-birthday-live-2017/

【ノーチャージ / 1ドリンクオーダー】

癌が寛解した男の戯言 Kankai 7







バースデーイブは、Desert Roseのリハだった。
このバンド名を冠して集ってから、もう7年になる。
初代から数えて、ギターリストのみ三人変わって、現在のYoko-Gで四代目である。
メンバー三名が呉在住、一名が広島、おれが益田なので、コンスタントにリハったりライブをしたりということはしていない。
何らかのメモリアルな行事があるときに、さっと集結して、さっとリハをやり、さっとステージに立っている。
で、5月20日にSUN MOON HALLで行われるイベントに参加することになったので、最初で最後のリハをしたわけだ。
気心が知れているので、新曲もすぐにまとまる。
もちろん、リハの回数を重ねると、もっとしっくりと良い演奏ができると思うんだが、今は全力を尽くすだけだ。

とりあえず三年生きたぜ!ライブ
2017.5.20
17:25-17:45 Desert Rose

Desert Rose are
 Yoko-G : Guitar
 Layla : Vocals, Keyb.
 Sata : Keyb., Cho.
 Tomo : Vocals, Bass
 Makoto : Drums 

癌が寛解した男の戯言 Kankai 6



詩集を買った。
かつて持っていて、どこかへ。
1998年に発行されたもので、ネット書店で探したが取り寄せばかりだった。
ようやく見つけた古本は送料の方が高い。

子羊の肉
加藤律子
 1973年横浜生まれ
 少女期を分断時の西ドイツで送る
 第三四回現代詩手帳賞受賞

読む人によっては、詩というより、、、と思うかもしれない。
感じたままに分類すればいいし、ジャンル分けなど不要かもしれない。
書くことが内面の止血になるものが詩なのかもしれない。
よくわからないな。

土曜日に朗読する文章を書かねば。
ライアー奏者とコラボるんだ。
一行も書いてない。
ミューズさんよ、誕生日祝いに降臨してくれないか。

癌が寛解した男の戯言 Kankai 5

世の中には癌に対して闘病している人が大勢いる。
ステージ(癌の進行度合をあらわしたもの)の状態も様々だ。
初期で発見された場合、現在の医学では完治の可能性は高い。
だから、そういう話題になったときには、「あまり神経質にならない程度の定期検診」を勧めている。
ステージが高い場合はそれに対応した治療にかかることになるが、そういう人に向けて、いろんな人やメディアがいろんなことを言ってくる。
ワラにもすがりたい心情の当事者にとっては、命にかかわることもあって、それらの情報に振り回されることになる。
自分から情報を取りに行って自分で考えている人は、そうそうブレることはないのだが、受け身の人はネギをしょったカモになりやすい。
複雑な国際情勢もお金の流れを追ってみると見えやすくなるように、何かを主張している人の背後にある経済的利益に目をこらしてみると、なかなかの判断材料になる。
一応の寛解を得たおれの見解はこうだ。

■ しっかりしたエビデンス(この治療法が良いといえる証拠)が確立している標準治療(科学的根拠に基づいた観点で現在利用できる最良の治療であることが示され、ある状態の一般的な患者に行われることが推奨される治療のこと)を最初の選択にする。
■ 代替療法はサブとしてとらえ、経済的心情的余裕があれば、やってみることを否定はしないが、勧めもしない。
■ 気持ちの持ち方は良薬の一つに成り得る。
■ 適切な食事も良薬だが、「ブドウ糖は癌の餌だ」などの極論を鵜呑みにしない。
■ 治ることを願うのではなく、当然のこととして受け入れる(これは意外に難しいものだ)。

以上、ご参考まで。

癌が寛解した男の戯言 Kankai 4



星の数ほどあるエレキギターの中で一番好きなのはフェンダー社のテレキャスターである。
1本持っている。
ブルース・スプリングスティーンと同じカラーのやつを。
写真の右側のがそれだ。
左のブルーのもいいね。
某ギターリストが今日、入手したばかりだ。
いい音がする。
5/20のイベント「三年生きたぜ!ライブ」で披露するらしい。
翌日の00:05-00:25枠で出演するバンドだとか。
おれは、ZZ.Ridersというバンドでテレキャスを弾いていた。


(れーら on Keyb.)

1/170ページ

Powered by WordPress & テーマの著者 Anders Norén