写真 : 野村ゆき
詩 : Tomo Kusunoki


 
月の輝く明け方に おまえは旅立った
どこへ向かったのかは知らない
老兵でもないおまえが消え去ることはなかったと思うが
知らないことを知ることに喜びを覚える性分だものな
たまには近況の便りをくれよ
おれがステージで歌っているときにさ
歌声は光の速さで返信できるから
おまえへのメッセージを乗せて
どこにいても 見上げる月は美しい
おれはそんなとき いつもおまえと共にいる