写真 : 野村ゆき
詩 : Tomo Kusunoki


 
本来内包する意味の輝きが薄れてしまった言葉たち
耳にすると 目にすると 虚しさを覚える言葉たち
おまえらに責任はないぜ
汚れたマントを着せたのは俺たちだから
そういうときには どうすればいいんだろう
なにか他の 的を得た気の利いた素敵な言い方を発明するか
言葉は記号であり音だけれども
人間の脳内で あらゆるものとして現れる
言葉で言い表せないこともあるにはあるが
言い表そうと努めることは続けたいんだ
堕天使は天上から追われ地上でさまよう
堕ちた言葉は いったん地中で雌伏し
野にある花が咲くように ふたたび雄飛する