写真 : 野村ゆき
詩 : Tomo Kusunoki


 
ほとんどの人が何らかの嫉妬をする
対象は人だ
動物や植物にはしないだろう
恋愛関係の第三者に 才能に
経済的余裕に 地位に
容貌に 人気に
ふだんは穏やかな心の水面に嫉妬の小石が投げ込まれる
投げ込むのは自分自身だ
波紋はみるみる広がって心のかたちを変えていく
嫉妬は自己愛から生じる
他者への愛からではない
それを善悪で論じてもナンセンス
そういう心の状態があるだけさ
ただ お願いだから こう言ってほしい
わたしはわたしを愛しているから嫉妬する あなたでなく
なかなかに清々しいではないか