写真 : 野村ゆき
詩 : Tomo Kusunoki


 
気を張って生きていても
常にそうはいかない
テンションがプツンと切れる瞬間がある
もうここまでだなと思う
そんなときにどうするか
とりあえず寝るかは まあ大丈夫
呑むしかあるまいは まあ普通
泣くと少しは気が晴れるだろう
黙ってうなだれるのは やめておこう
処刑人に首を差し出すことになる
とりあえず夜空の星でも見上げてみよう
壁際に見えるあの植物って
うなだれてるんじゃなく そういう生え方なのか?