写真 : 野村ゆき
詩 : Tomo Kusunoki


 
世界で一番最初にブランコを考案したのは いつの時代のどこの誰だろう
ブランコを見かけるたびにそんな疑問が生じるおれの頭はたぶん狂ってる
それまでこの世に存在しなかったものを思いつく人は
同時代に同時発生すると思う
アインシュタインは例外かな
もしかして人知れず裏アインシュタインがいたかもしれないが
夜の公園で一人ブランコに座る中年男
わびしさの象徴なんかじゃないぞ
たまたまベンチがふさがっていたのさ 若いカップルで
同性同士だったけどな
ブランコを漕ぐ姿が似合う大人は好きですか?
高倉健はそもそも乗らないだろう
田園風景にたたずむ喫茶店の庭にブランコがあった
大きな木の枝から下がっている
世界で一番最初に考案したのは おれじゃないけど
世界で一番幸福な気持ちで乗ってみよう
なぜかそう思えた夏の午後だった