写真 : 野村ゆき
詩 : Tomo Kusunoki


 
これって目にいいのよ
枝からもぎ取ったばかりの青紫の小さな玉を
手のひらに乗っけてきみは言う
それはきみの口癖だね
これって肝臓にいいのよとか
これって物忘れにいいのよとか
これって恋にいいのよというのは まだ聞いていない
そんなのがあれば試してみたい
いや きみに真っ先に試してほしい
最初に目にした相手を好きになるという魔法
いつになったら気づいてくれるのか
もう知り合ってずいぶんになるのにさ
柔らかなきみの髪が初夏の陽光に映える