写真 : 野村ゆき
詩 : Tomo Kusunoki


 
わたしの世界の見え方は変わってるらしい
あるとき大きな病院に連れていかれて検査された
きみには色が見えていないという
どういう意味だか解らなかった
だって風にゆれる木の枝だって見えるし
浜辺に打ち寄せる波の美しさもわかる
どういうわけか運転免許証はもらえないけどね
ドクターの言うわたしが見えない色って何なの?
草は緑で空は青 レモンは黄色で国旗の丸は赤
そう聞かされてもピンとこない
草には濃淡があるし 空と雲の境目は明白だ
レモンはその形と香りが大好きで
国旗のシンプルさは世界で一番
わたしの世界は豊穣だ
もしその色とやらが わたしの世界を染め上げたとしたら
その色の数だけ世界はもっと素敵になるのかな