一瞬は永遠

moment equal eternity

カテゴリー: がん情報

今回の副作用

8月7日に2種類の抗がん剤を点滴し、同時に服薬(2週間)を開始。
手足症候群はまだ現れていない。
今回の副作用としては、まず下痢、続いて血圧低下、だるさ、肩の凝り。
体調によるのだろうが、副作用の現れ方はいろいろだ。
日中横になることもあったが、寝込むほどではない。
ヤバさのバロメーターは食欲で、これが無くなったらかなり問題だが、幸いにキープできている。
次回の投薬は8/28だ。
あと2週間をなんとかしのいで、治療継続を目指したい。
目的は、もちろん腫瘍の消滅である。

投薬再開

2018.8.6~8.8
福岡県春日市 福岡徳洲会病院にて入院治療(治療は二日目のみ)

6:00 採血 体重・血圧・体温・酸素濃度・脈拍の測定
8:45~9:15 CVポートを使って吐き気止め点滴(ブロイメンド・アロキシ)
9:15~9:45 アバスチン(分子標的治療薬)点滴
9:45~1145 オキサリプラチン(抗がん剤)点滴
11:45~12:15 生理食塩水点滴
12:45~13:45 温熱療法
夕食後から内服抗がん剤のゼローダを服用開始(2週間)

アバスチンは当初は2時間かけて入れるんだが、体が慣れてくると少しずつ短縮されて、今では30分で入れている。
あと戸畑のときと違って高気圧酸素治療が無い分、90分早く終わる。
戸畑へは日帰りだったから、治療が始まるのは午前10過ぎで、終わるのは午後6時頃だった。
8時間から5時間へと治療時間が短くなるのが入院治療のメリットだ。
あとは、そうだな、JRで通うので小さな旅気分を味わえることと、入院した午後の数時間をのんびり過ごせることかな。
一階にあるタリーズでコーヒーを買い、ラウンジのソファに座って読書したり、持参のノートPCを開いて作文したり。
食事は夕食(午後6時)のみにしてもらってる。

がんに関する動画

特に初心者の人に一観をお勧めします。
とても参考になる情報です。

事前に知っておきたいがん常識と、がん診断後の落とし穴

がんの初心者・一般の人向けの解説

・意外と知られていない、がんとがん治療の常識
・あなたが将来、各種それぞれのがんになる確率
・世間にがんの誤解が広まっている理由
・末期がんとステージIVのがんとは全く別物である理由
・治療体験談が役立たないどころかむしろ危険な理由
・代替補完医療が時に危険な理由
・PET-CTの落とし穴
・詐欺的ながん食事療法本の見分け方
・実は知られていない、がんになる本当の原因
・がん治療の発展と患者幸福度が比例していない理由
・抗がん剤の吐き気は、いまや患者の悩みのベストテンにも入っていないと知ってますか?

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén