一瞬は永遠

moment equal eternity

カテゴリー: がん情報 (Page 1 of 2)

がんの標準治療を受けない危険性

執筆者の自己紹介

■ 大須賀 覚
がん研究者。横浜生まれ。筑波大学医学専門学群卒業。医学博士。現在、米国エモリー大学ウィンシップ癌研究所に所属。
かつては日本で脳神経外科医として、脳腫瘍患者の手術・治療に従事。その後に基礎研究の面白さに魅了されて癌研究者となる。
現在は、脳腫瘍を治療する新規薬剤の開発を行っている。
過去には、日本学術振興会特別研究員(DC)、日本学術振興会特別研究員(PD)。
また、ノーベル賞受賞者が一同に会する「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」に、若手研究者の日本代表に選出されて参加。
日本脳神経外科学会奨励賞など受賞。
病院治療と研究世界の両方の実情を知っている背景を生かして、一般の方向けにがん治療を解説する活動も積極的に行っている。

標準治療を第一に検討してください
標準治療というのは、人類の英知の結晶です。
何十年という年月をかけて、何千〜何万という患者での検討を経て、現時点で最も効くと分かった治療方法です。
その治療は確実に進歩しています。
しかも、日本では保険適応されているため、自費の負担も少ないです。
標準治療をまずは検討してください。
全世界で勧められているがん治療はこの標準治療です。
WHOでも、アメリカのNCIでも、この科学的根拠による標準治療(手術・抗がん剤・放射線治療など)を第一に行うことを勧めています。

ネット・書籍で広がるがん治療情報には注意をしてください。
特に、標準治療を否定して代替療法を進めるものには警戒してください。
この二つの論文が示したように、標準治療を適切に行わないことは大変な危険を伴います。
根拠のある標準治療を第一に考えてください。
保険診療をしている医師に相談するようにしてください。

もう一つお願いしたいのは、ネットに広がる信憑性のはっきりしない、がん治療情報を安易に拡散しないでください。
本当に正しいのか、もう一度考えてもらいたいです。
あなたが安易な気持ちでシェアした情報は、本当に貴重な人の命を奪う可能性があります。
多くの人がこの問題をもっと知ってもらって、がん患者さんが安心して治療を行えるようになってもらいたいと願っています。

http://satoru-blog.com/archives/680

http://satoru-blog.com/archives/680/2

http://satoru-blog.com/archives/680/3

本庶 佑氏、根拠のない免疫療法に苦言

ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった京都大の本庶 佑(ほんじょ たすく)特別教授(76)が5日、愛知県豊明市の藤田保健衛生大で講演した。
受賞決定後、初めての講演となり、集まった同大の研究者や学生ら約2千人から、大きな拍手で迎えられた。
本庶さんは研究の過程や、がん治療薬「オプジーボ」の開発までの経緯などを紹介。
「21世紀は、免疫の力でがんを抑えられるのではないか」と語った。

本庶さんらは、免疫細胞の表面にあるブレーキ役の分子「PD-1」を発見し、この分子の働きを妨げる「オプジーボ」の開発につながった。
ただ、これらの研究はネイチャー、サイエンスなどの有名科学誌に載ったものではないとし「そういう雑誌に載らないからだめだと思うのは間違い」とし、外部からの評価にこだわらないことの大切さを学生らに訴えた。

本庶さんは「免疫力こそががんを治す力だが、オプジーボが効く効かないの判断は、まだ十分でない。副作用への対応の仕方も課題だ」とも指摘した。

肺がんなどで保険診療になっているオプジーボと異なり、科学的根拠がない治療を「がん免疫療法」とうたい、自由診療で提供している医療機関も多い。
講演後に会見した本庶さんは「(科学的に裏付けのないがん免疫療法を)お金もうけに使うのは非人道的だ。わらにもすがる思いの患者に証拠のない治療を提供するのは問題だ」と強調した。

(後藤一也@朝日新聞DIGITAL)

免疫療法についての正しい知識を持とう

本庶佑(ほんじょ・たすく)京都大高等研究院特別教授のノーベル医学生理学賞受賞が決まり、「がん免疫療法」に注目が集まっています。
健康保険適用外のインチキ免疫療法に、ご注意!

■ ノーベル賞で注目の「がん免疫療法」は万能じゃない
(まず、この記事を読んでみてください)
https://mainichi.jp/premier/health/articles/20181004/med/00m/010/007000c?inb=health

■ ノーベル賞を利用する「インチキがん治療」に騙されるな
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/57849

国立がん研究センターがん情報サービス
(ここの情報は信頼できます)

■ 免疫療法 まず、知っておきたいこと
https://ganjoho.jp/public/dia_tre/treatment/immunotherapy/immu01.html

■ 免疫療法 もっと詳しく知りたい方へ
https://ganjoho.jp/public/dia_tre/treatment/immunotherapy/immu02.html

治療の評価日

10月1日、福岡県春日市まで日帰りで出かけてきた。
今年2月の再発以来続けてきた癌治療の評価を受けるためだ。
台風の影響で特急が運行されなかったので、いつもより約1時間早く普通列車で新山口へ向かった。
博多行きの新幹線が遅れており、臨時便に乗る。
福岡徳洲会病院には通常より40分遅れで到着した。
受付を済ませ、採血と造影CT検査のあと、主治医の診察を受ける。
腫瘍マーカー値は基準値内に収まっており、造影CT検査の結果も良好だった。
前回の造影CT検査で4~5箇所あった腫瘍が、きれいに消えていた。
「副作用が出るということは腫瘍にも効いている」ということが証明された。
肉を切らせて骨を断つことができた。
今のところは、という但し書きが付くけどさ。
おれ「先生、寛解という認識でいいですか?」
主治医「寛解ですね。ちょっとドキドキしてましたが、良かったです」
今後3カ月間は毎月1回の血液検査をし、それで問題なければ3ヶ月スパンの検査に移行する。
すでに全身に癌細胞が行き渡っているので、転移や再発のリスクは常にある。
しかし、とりあえずでも寛解状態になったことは幸いである。
なにしろ、その間は毒を体に入れなくて済むから。
診察の後、留置されているCVポートの洗浄(フラッシュ)をしてもらった。
1カ月毎の洗浄でカテーテルの詰まりを防ぐわけだ。
転移・再発に備えて、1年くらいは留置しておこうと思う。
なにしろ、留置手術はけっこう大変なんだ。
こんなふうに有意義な一日だった。

手足症候群 現状

飲む抗がん剤「ゼローダ」の服用を止めて18日が経過した。
手足の腫れと痛みは軽減し、副作用の峠は越したようだ。
そしていつものように皮が剥け始めた。
ダメージを受けた皮膚の内部が再生を開始して、死んだ表皮が剥がれ落ちるわけだ。
写真を見るとわかるように、指先から新しい皮膚が現れている。
まだ薄いので、あまり無理をして使ってはいけない(と自分に言い聞かせる)。
抗がん剤は毒である。
そんなことは百も承知だ。
しかし、毒でないと癌細胞という手強い奴は抑えられないんだ。
あなたが体の中に増殖する癌細胞を持っていたら、どうする?
放置すれば無限に増殖するんだぜ。
そういう種類の腫瘍なんだ。
癌もどきなんかじゃない。
民間療法で治すのかい?
それで治るケースもあるだろう。
ただ、おれは一番リスクの少ない標準治療を選択した。
標準治療というのは改名した方がいいな。
きちんとしたエビデンスに基づく、現時点での最善最高の治療方法だからさ。
しかも健康保険が使える。
財力のある人は保険適用外の治療を受けられるかもしれないが、おれにはその余裕がない。
手術・放射線・化学療法を駆使する標準治療で、おれはまだ生きている。
発症してから4年以上も生きている。
戦闘中だから、退屈はしていない。

主治医との信頼関係

今朝、主治医にメールした。
内容は治療延期の相談だった。

手足症候群に関して一つご相談があります。
次回の治療開始は9/19で、今回ゼローダを飲み終えてからの休薬期間は9日間になります。
前回の手足症候群が酷くて休薬した期間は43日間(6/25~8/6)でした。
現在の手足症候群の具合から見ると9日間の休薬期間では回復しきらず、また中断する可能性が高いと思われます。
次回入院日を10/2まで延期するのは可能ですか?
22日間の休薬になります。
この休薬期間で十分かどうかわかりませんが、今のところ前回長期休薬したときの具合よりは軽いように思います。

このように具体的なデータに基づいて提案できるのは、治療に関する記録を付けているからだ。
闘病は主体的でありたいというのが、おれのポリシーである。
でも、それには主治医との信頼関係が欠かせない。
幸いなことに、今の主治医とは相性がいいので(だから職場移動に伴って、おれも転院した)変な遠慮なしに(もちろん敬意を持って)意見交換ができる。

メールを読んだ主治医から電話があった。
結論を言うと、もう1クール行う予定だった治療を中止し、10/1に造影CT検査と腫瘍マーカー検査をして評価を行うこととなった。
ここのところ腫瘍マーカー値は基準値内なので、造影CT検査で腫瘍が消えていれば、とりあえずの寛解ということになる。

国立がん研究センターによる寛解(かんかい)の定義
【 一時的あるいは永続的に、がん(腫瘍)が縮小または消失している状態のことです。寛解に至っても、がん細胞が再びふえ始めたり、残っていたがん細胞が別の部位に転移したりする可能性があるため、寛解の状態が続くようにさらに治療を継続することもあります。】

ところで、上記の治療に関する記録を見ると闘いの日々が蘇り、感慨深い。

直腸がん治療記録
http://writerocker.com/cancer/cancer-treatment/

副作用の状況

8月28日に点滴投薬して以来の副作用について。
5クール目の今回は、前回の手足症候群に加えて下痢が発現し、ダブルパンチとなった。
あとは軽めの口内炎だ。
前回の手足症候群は症状が酷かったので、1ケ月ほど休薬したわけだが、投薬を再開すればまた発現するのはわかっていた。
結果、そのとおりになった。
前回のように手の平と足裏の皮膚が剥けるレベルには達していないのが幸いだ。
手の平が赤く腫れて痛み(特に指先)、指先を使ってする作業が困難である。
足裏も赤く腫れて痛み、少しひび割れもある。
歩行がしにくいのが難点だ。
しかし二度目なので慣れたこともあるだろうが、痛みについて、まあこんなもんだろうと思えてくるのが面白い。
先土曜日にギターを弾く必要があり、いつものように手袋をしてやるつもりだったが、やはり弾きにくいから思い切って素手でプレイした。
痛いのは変わらないにしても、本番のテンションが気を紛らせてくれた。
もちろん痛みの程度にもよるけど、なんとかなるもんだな。
内服抗がん剤のゼローダは3週間スパンのうち最初の2週間服用する。
明後日の朝で終了なのが嬉しい。
来る9月19日が6クール目の投薬で、一応の最終回だ。
1ケ月ほど間を置いてCT検査を行い、画像診断で腫瘍が消えていたら、また寛解ということになり、あとは1ケ月スパンの経過観察になる。
変な自慢になるが、2014年6月に発病してからほぼずっと、食欲が無くなったことはない。
やはり食欲は生きる力のバロメーターだと思う。
反対に無くなってきたらヤバいということだ。

今回の入院治療のこと

8月27日、正午前に病院入りし、採血・レントゲン・診察とこなして、入院した。
主治医との面談時に、あと何クールぐらい抗癌剤を投与するのかという話になり、今回を含めて2クールこなしたらCT検査をして評価を下すということになった。
退院後にも続けて服用するゼローダという薬が下痢を誘発するが、あまり酷く発現しない限り、少々のことは耐えて評価に望みたいと思っている。
翌日は一日治療だった。

6:00 採血 体重・血圧・体温・酸素濃度・脈拍の測定
8:45~9:15 CVポートを使って吐き気止め点滴(ブロイメンド・アロキシ)
9:15~9:45 アバスチン(分子標的治療薬)点滴
9:45~1145 オキサリプラチン(抗がん剤)点滴
11:45~12:15 生理食塩水点滴
12:45~13:45 電磁波温熱療法
夕食後から内服抗がん剤のゼローダを服用開始(2週間)

電磁波温熱療法(装置サーモトロンRF-8)のときに終盤で気分が悪くなって、50分の予定を42分で中断。
血圧が測定不能なほど低下した。
少しして計ったら、上が82くらいだった。
脱水が原因だろうと思う。
大量の汗をかくので、いつもは治療中に持参した水を少しは飲むんだが、今回は一度も飲まず。
ゼローダの影響で下痢が続いてて、治療中に体が固定されるので、途中で水を飲んだ刺激で漏れたら嫌だなと思ってね。
下痢によって体が脱水気味になっていたこともあるだろう。
車椅子で病室に帰って横になっていたら、血圧が安定してきた。
次回6クール目も同じ状況になることが予想されるし、最終クールなので、主治医と協議して電磁波温熱療法は外すことになった。
こんな状況だった。
やはりいろいろ起きるね。

(FBから転記)

再発から、途中で手足症候群の発現で延期はあったものの、3週間スパンの治療を5クールこなした。最近の腫瘍カーカー値は基準値内に収まっているので、やはり抗がん剤の効果があるということだろう。
あと1クールやったら、1ケ月ほど間を置いてCT検査を行い、画像診断で腫瘍が消えていたら、また寛解ということになり、あとは1ケ月スパンの経過観察になる。
なんとかそこまで行くつもり。

今回の副作用

8月7日に2種類の抗がん剤を点滴し、同時に服薬(2週間)を開始。
手足症候群はまだ現れていない。
今回の副作用としては、まず下痢、続いて血圧低下、だるさ、肩の凝り。
体調によるのだろうが、副作用の現れ方はいろいろだ。
日中横になることもあったが、寝込むほどではない。
ヤバさのバロメーターは食欲で、これが無くなったらかなり問題だが、幸いにキープできている。
次回の投薬は8/28だ。
あと2週間をなんとかしのいで、治療継続を目指したい。
目的は、もちろん腫瘍の消滅である。

投薬再開

2018.8.6~8.8
福岡県春日市 福岡徳洲会病院にて入院治療(治療は二日目のみ)

6:00 採血 体重・血圧・体温・酸素濃度・脈拍の測定
8:45~9:15 CVポートを使って吐き気止め点滴(ブロイメンド・アロキシ)
9:15~9:45 アバスチン(分子標的治療薬)点滴
9:45~1145 オキサリプラチン(抗がん剤)点滴
11:45~12:15 生理食塩水点滴
12:45~13:45 温熱療法
夕食後から内服抗がん剤のゼローダを服用開始(2週間)

アバスチンは当初は2時間かけて入れるんだが、体が慣れてくると少しずつ短縮されて、今では30分で入れている。
あと戸畑のときと違って高気圧酸素治療が無い分、90分早く終わる。
戸畑へは日帰りだったから、治療が始まるのは午前10過ぎで、終わるのは午後6時頃だった。
8時間から5時間へと治療時間が短くなるのが入院治療のメリットだ。
あとは、そうだな、JRで通うので小さな旅気分を味わえることと、入院した午後の数時間をのんびり過ごせることかな。
一階にあるタリーズでコーヒーを買い、ラウンジのソファに座って読書したり、持参のノートPCを開いて作文したり。
食事は夕食(午後6時)のみにしてもらってる。

Page 1 of 2

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén