今朝、主治医にメールした。
内容は治療延期の相談だった。

手足症候群に関して一つご相談があります。
次回の治療開始は9/19で、今回ゼローダを飲み終えてからの休薬期間は9日間になります。
前回の手足症候群が酷くて休薬した期間は43日間(6/25~8/6)でした。
現在の手足症候群の具合から見ると9日間の休薬期間では回復しきらず、また中断する可能性が高いと思われます。
次回入院日を10/2まで延期するのは可能ですか?
22日間の休薬になります。
この休薬期間で十分かどうかわかりませんが、今のところ前回長期休薬したときの具合よりは軽いように思います。

このように具体的なデータに基づいて提案できるのは、治療に関する記録を付けているからだ。
闘病は主体的でありたいというのが、おれのポリシーである。
でも、それには主治医との信頼関係が欠かせない。
幸いなことに、今の主治医とは相性がいいので(だから職場移動に伴って、おれも転院した)変な遠慮なしに(もちろん敬意を持って)意見交換ができる。

メールを読んだ主治医から電話があった。
結論を言うと、もう1クール行う予定だった治療を中止し、10/1に造影CT検査と腫瘍マーカー検査をして評価を行うこととなった。
ここのところ腫瘍マーカー値は基準値内なので、造影CT検査で腫瘍が消えていれば、とりあえずの寛解ということになる。

国立がん研究センターによる寛解(かんかい)の定義
【 一時的あるいは永続的に、がん(腫瘍)が縮小または消失している状態のことです。寛解に至っても、がん細胞が再びふえ始めたり、残っていたがん細胞が別の部位に転移したりする可能性があるため、寛解の状態が続くようにさらに治療を継続することもあります。】

ところで、上記の治療に関する記録を見ると闘いの日々が蘇り、感慨深い。

直腸がん治療記録
http://writerocker.com/cancer/cancer-treatment/